間違いだらけのネットワーク作り(862)2015/01/17
「レトロな『掲示板』の良さ」

   昨日はNEC関西支社で行われた新春フォーラムで講演しました。 50分の予定なのですが、いろいろとスライドにない話をし過ぎて、58分も話してしまいました。 次のセッションが15分後だったので、事務局をハラハラさせました。 

   今回、初めてiPhone6にインストールしたパワーポイントを使ったのですが、快適でした。 iPhoneをVGAコネクタでプロジェクターに接続し、最初の自己紹介ではパワポでなくGoogleで私の名前を検索した結果を表示しました。 

スライドはワンドライブに置いてあり、それをダウンロードして映写しました。 5MBほどですが、LTEだとあっと言う間です。 簡単な編集も出来るし、プレゼンのためにパソコンを持ち歩く時代はもう終わりましたね。

スポーツライターで元マラソン選手の増田明美さんがこの日のメインの講演をしました。 1984年のロサンゼルス五輪の女子マラソンに出場し、金メダルを期待されながら途中棄権に終わった、その挫折から復活するまでのエピソードがなかなか聴きごたえがありました。 講演内容と感想はITproの今月のコラムに書きたいと思います。 

「レトロな『掲示板』の良さ」

  10年ぶりくらいで掲示板を再開しました。 特に目的はなく、正月の思い付きです。 しかし、掲示板にはけっこういいところがあると思っています。 思いつくままに羅列すると、

○スローなコミュニケーション

私にはFacebookやtwitterはせわしなさ過ぎて合いません。 Facebookを使い始めた当初、2週間ばかり熱心に利用しました。 毎朝、電車の中で開くと「今、○○のスタバにいます」と書き込んでいる人がいて、それに対して「いいね!」とする人がいる。 これを2週間毎日見て、「なーにがいいんだ」とウンザリし、開くことを止めました。

 有用な情報が少なく、読んでいるだけでせわしなくなります。 掲示板は気が向いたときに書けばいいし、のぞけばいい、そんなスローな気楽さがいいと思います。

○匿名性

 実名を出さない方が、意見も質問も書きやすい。

○誰でも質問でき、回答でき、意見が述べられる

10年前がこの状態でした。 さまざまな質問が掲示板に書かれ、それを読んだ人が回答を書き込む。 質問も、回答もしない人でも、そのやりとりを眺めていると勉強になる。 つまり、不特定多数の人で情報を共有できるのです。

○文字通り「掲示板」として使える

セミナーや勉強会など、各種のイベントの周知にお使いください。

○スマホからの利用が便利

企業のイントラネットからはアクセス制限されていることがあります。 スマホから書き込むのが便利です。 画像や映像の掲載も簡単です。 


今週は新春フォーラムに参加した「T氏」という方が、私に対するメッセージを書き込んでくれました。 こんな使い方もあるのですね。 

   *ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ