間違いだらけのネットワーク作り(859)2014/12/27
「スマートフォン、タブレット活用の多様化」

   昨日は仕事納め。 1月から契約期間が始まる契約の社長決裁が午前中に終わったとお客様から連絡がありました。 昨日のうちに調印まで完了。 まさにぎりぎりです。 おかげで、すっきりした気持ちで納会に臨むことが出来ました。 
  来年はどんな展開になるかわかりませんが、目新しいことを提案したいと思っています。

「スマートフォン、タブレット活用の多様化」

 目新しいことの候補が、スマートフォン、タブレットの新しい使い方の提案です。 



 1年前には「格安=Androidタブレット、高価=Windowsタブレット」という式が成り立ちましたが、マイクロソフトは小型タブレット向けのWindowsを無償にするなど、低価格領域でもAndroidと対等に競争できる製品を出荷し、この図式は成り立たなくなりました。

 さらに11月にはiOS、Androidに対してWORD、Excel等のOfficeアプリを開放しました。 このインパクトは強烈です。 iPhoneでPowerpointがちゃんと使えるので、プロジェクターで映してプレゼンしたり、スライドの簡単な修正をするのにノートパソコンを持ち歩く必要はなくなりました。

 これまでパソコンユーザーとしては考え難かった工場で働く人や、コンビニ店舗の店員といった人たちに格安なタブレットやSIMフリースマートフォンを配布して、オフィス・アプリを使わせることが出来るようになりました。

 企業のコンピューティング・デバイスの選択肢が一気に広がったのです。 問題はユーザーを層別して、それぞれの層に最適なデバイスと使い方を提示できるかどうかです。 

  いろんなアイデアがあるでしょう。 それを試すことにも大きな費用はかからないので、どんどんやってみることだと思います。 とりあえず私はプレゼンでパソコンを使うのは止めて、1月16日の新春フォーラムからiPhoneを使おうと思っています。

*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ