間違いだらけのネットワーク作り(856)2014/12/06
「国産格安(?)スマホ」

   先週土曜日の第41回情報化研究会は25人が参加し、無事終わりました。 会員のOさんが、ちょうど78歳の誕生日だったので打ち上げの席でお祝いしました。 この年齢で、東京の自宅から鹿児島の実家まで古いベンツを一人で運転して往復しているというのだから驚きです。

 体力があり、好奇心もあって人生を満喫しているように見えます。 髪はきれいな、100%の銀髪で、ふさふさしています。 こんなじいちゃんになりたいものだと思いました。

「国産格安(?)スマホ」

 昨夜のテレビ東京ワールドビジネスサテライトで、国産の格安スマホの特集があると新聞のテレビ欄にありました。 どんな内容だろうと期待して観たのですが、時間も3分程度だし、内容も大したことはありませんでした。 紹介されたのは楽天モバイルが扱い始めたSHARPのAQUOS SH−M10と、イオンの富士通製 ARROWS M01です。

  WBSでは「格安」と銘打っていましたが、AQUOSは52800円、ARROWSは36720円で格安というには高価です。 特にAQUOSはディスプレイは素晴らしいし、カメラも100MPを超えています。 高級の部類に入る端末です。

 どちらも国産だけあって、ドコモのLTEの4つのBand、Band1(2GHz帯または2.1GHz)、Band3(1.7GHz帯または1.8GHz帯)、Band19(800MHz帯)、Band21(1.5GHz帯)のすべてに対応しています。

 格安ではないですが、国産メーカーがキャリアの言いなりにならず、独自にSIMフリースマートフォンを作り始めたのは画期的です。 これらを企業ではどう使って行くか、来年の大事なテーマです。

   *ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ