間違いだらけのネットワーク作り(838)2014/07/05
「イノベーションとは」

 
7月2日に恒例のICTイノベーションセミナーを開催しました。  アンケートを見ると、SDNや格安SIMへの関心が高いことが分かり ます。 来週から、お客様の訪問を始めるのですが、会話の中で新しいアイデアが浮かぶことを期待しています。  机の前でじっと考えていてもいいアイデア というのは出て来ないものです。
 4日金曜日には12年前のプロジェクトの同窓会がありました。  セミナーでの講演のエッセンスを10数分話したのをはじめ、ちょっと全体に話し過ぎで 幹事に迷惑をかけました。  2次会に、10年ぶりくらいのワインレストランに立ち寄りました。  マスターも女性店員も同じ人でしたが、ふっくらしてい ました。
 
「イノベーションとは」

 
IT業界ではイノベーションが流行り言葉のようです。 ビッグデータとIoTでイノベーション、といった言葉が溢れています。   そんな中、ちょっと面白い記事がありました。
 
「イノベー ションは努力してやるものではない」、一橋大学大学院の楠木建教授


  「イノベーションとは技術の進歩ではなく、社会や人々の生活を変える商業化された発見」。 進歩は努力すれば出来ることだが、イノベーションは思いつ くかどうか。  2つのモノを対比してイノベーションか否かを当てるクイズを出しています。 「プレステ3 vs  Wii」、「有機ELテレビvs4k テレビ」、「ウォークマンvsiPod」。  どれがイノベーションで、どれがそうでないか。 答はwebを見てください。 

  とかく技術に走りがちなIT業界。 イノベーションを思いついていないのに、とにかくビッグデータをやれば瓢箪から駒のようにイノベーションが出てく る、という論調も見られます。 目的が明確でないのに手段の強化に走るというこれまでの間違いをビッグデータやIoTでは繰り返したくないものです。


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ