間違いだらけのネットワーク作り(823)2014/03/08
「やっぱりつながらないソフトバンク」

 
面倒な確定申告の締め切りが迫りました。  毎年のことなので、難しいことは何もないのですが、領収書等の整理に手間がかかります。   しかし、整理してみると去年1年に活動したことが見えてきて面白いものです。  かつては源泉徴収以外にかなりの税金を追加で納めていたのですが、最近は 還付されるようになりました。 これは悲しむべきことです。
 
 さて、京都研究会まで1カ月を切りました。 私の講演のレジュメが出来たので載せておきます。 まだまだ変わって行きますが、概略こんな感じです。

「情報化研究会創立30周 年記念・第40回情報化研究会・第15回京都研究会予告」

「『当たり前』が当たり前でなくなる時代の企業ネットワーク」  情報化研究会主宰  松田 次博
−実践の中で、新しいトレンドを作る“発見”をしよう−

1.企業ネットワークの動向
“LINE電話”で電話が変わる
・ネットワークが切れると何も出来ない“クラウド”時代
・やっぱりつながらないソフトバンク
・WebRTCは離陸するか?
これからの企業ネットワークのコンセプト
2.身近な“発見”から見えるネットワークの未来
・ロビは高すぎる、という発見
人気のロボットは高すぎ。5万円のロボットが作る“見守りネットワーク”
・タブレットの意味を再発見
LTEをあらためて見直した発見
・こんなネットワークがまだ使われている、という発見
OpenFlowとレガシーの相性が良い、という発見
・コンタクトセンターの進化から教えられること
3.成長する企業ネットワーク
・成長の要因
・求められる要件
企業ネットワークの姿(事例)
4.通信自由化30年、NTTの復活は成るか
・鍵を握るドコモ
・NTT東西はどこに活路を見出すのか
・クラウドにかけるNTTコム
・網主業従から業主網従へ変われ


「やっぱりつながらないソフトバンク」

 日経BPイノベーションICT研究所が3月6日に「全 国『道の駅』iPhoneのLTE接続調査」の結果を発表しました。 全国1004カ所の道の駅に調査員が出向き、調査した結果、LTEの接続率 ではKDDIが91.7%で首位、2位がドコモで74.2%、ソフトバンクは大きく落ちて52.5%。 ソフトバンクはほぼ半分でしかつながらないのです ね。

 LTEと3Gを合わせた接続率は1位がドコモで99.9%、2位KDDI 99.6%、3位ソフトバンク 97.7%となっています。 ドコモが圏外に なったのは1004か所中、1か所だけ。 KDDIは4カ所、ソフトバンクは23カ所で圏外になっています。 道の駅というのは人が集まる重要な場所のは ず。 そこでつながらない携帯というのは困りものです。

 総合的にはドコモが一番つながる、LTEに限ればKDDI。 ソフトバンクはつながるLTEを強調したコマーシャルをやっていますが、実は全国で見れば つながらないところが多い。

 この調査は特定のキャリアとの結びつきがない第3者が調査したこと、全国を網羅的に調べていることに大きな価値があります。 これからも1年に1回、定 点観測的に調査して結果を公表して欲しいものです。 人口カバー率などというあいまいな数字より、客観的な数値として信頼できます。

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ