間違いだらけのネットワーク作り(822)2014/03/01
「2500円のスマホ」

 
昨日、20度近い春の暖かさになったと思ったら、今日は最高気温が10度に届かない真冬の寒さに逆戻り。 こういう激しい気候の変化は数 年前からありますが、慣れませんね。 この週末は山間部などで雪が降るとか。  豪雪にならなければいいですね。

 さて、京都研究会はすでに申込を受け付けており、来週から会員ページに受け付けた方の名簿を掲載します。 

「情報化研究会創立30周 年記念・第40回情報化研究会・第15回京都研究会予告」


「2500円のスマホ」

 スペイン・バルセロナで24日から27日まで開催された「Mobile World Congress 2014」のニュースの中で、2500円のスマホ、というのが一番印象に残りました。 米モジラ財団がFireFoxOSを搭載した試作品が25ドルだと いうのです。 ZTE、Huawey、Alcatelの3社はFirefoxOSを使った製品を発表しました。 残念ながら、これらの製品の価格は未発表 ですが、iPhoneなどと比べると破格の安さになることは間違いないでしょう。

ZTE、 Huawei、Alcatel がFirefox OS スマートフォン発表
­
 新興国のマーケットをターゲットとしているという、これらの製品。  はたして、日本や欧米での扱いはどうなるでしょう。  ふだん自分が使っているスマホの用途だと、格安スマホで充分な気がします。 ちょっとつらいの は、カメラの性能が貧弱なことくらいでしょうか。  

 「格安であること」はWindows タブレットは「タブレット」ではない で書いたように、ユーザー層を広げ、新しい用途を生みます。 たとえば、企業が社員に貸与するスマホなら、高性能なカメラは不要な場合が多いでしょうし、 ドコモと富士通が発表した企業向けスマホのように「お風呂に入れても大丈夫」みたいな防水性能もふつうはいらないでしょう。 企業向けは2500円スマホ が流行るかも知れません。

 個人で使う場合も、SIMカードを抜いた2500円スマホをトイレ専用に置いておく、などという使い方をする人も現れるかも知れません。 ちなみに、私 は枕もとに昔のiPodTouchを置いています。 本を読んでいて、調べものをしたくなったときブラウザを使うのが唯一の用途です。 

 これから先、スマホもタブレットも格安の製品が増えて、使い方が変わって行くでしょう。  

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ