間違いだらけのネットワーク作り(820)2014/02/15
「情報化研究会創立30周年記念・第40回情報化研究会・第15回京 都研究会予告」

 今朝は3時に起きてフィギュアスケート男子フリーの最終グループの演技を観ました。  羽生選手の金メダル決定の瞬間を観るためです。   3時半にスタートした羽生選手の演技は冒頭の4回転で転倒。 ああーと思っていたら、その直後の3回転も失敗。  これはダメかとも思いましたが、羽生 の直後に滑るチャン選手には羽生の失敗がかえってプレッシャーになるはずなのでひょっとしたらと思いつつチャン選手の演技を観ていました。  案の定、小 さなミスの連発。  チャン選手の後には下位の選手しか残っていないので、チャン選手の得点が表示された時点で羽生選手の金メダルが実質的には決まりまし た。 こんなこともあるのですね。  羽生選手は運にも恵まれていたのでしょう。 4年後の五輪ではプレッシャーの中でも、完璧な演技をみせてくれること を期待しています。  フラワーセレモニーで表彰台にあがった3人を見て、みんなアジア人だと気づきました。  アジアのパワー、その頂点に日本人がいる というのは気持ちのいいものです。 経済産業の世界でも、こうなるといいですね。


「情報化研究会創立30周年記念・第40回情報化研究会・第15回京都研究会予告」

 1984年4月に情報化研究会を始めて、満30年になります。  例年4月に行う京都研究会はそれを記念する会として、下記のとおり行い ます。 25周年記念のときには84名の方が参加しました。 今回は100人を目標に開催します。 皆さんの申込をお待ちしています。

研究会テーマ「通信自由化、30年。 大変革時代のICTを考える」

1.日時・場所

4月5日(土) 13:30−17:00(受付13:00−13:30)  

キャンパ スプラザ京都(JR京都駅前)

2.プログラム

13:30−13:40 開会挨拶  情報化研究会主宰  松田 次博

13:40−14:40 「『当たり前』が当たり前でなくなる時代の企業ネットワー ク」−実践の中で、新しいトレンドを作る“発見”をしよう−
            情報化研究会主宰 松田 次博
 今、ICTの世界では長年「当たり前」と思われていたことが、どんどん当たり前でなくなっています。 10年前は通信インフラの本命と思 われていた光ファイバー、パソコンやサーバのOSとして栄華を極めたWindows、これらが衰退 期に入り、LTEやAndroidに置き換えられようとしています。
 企業ネットワークの仕事を発展させるには、当たり前だったものにしがみつくのでなく、「そんな当たり前は壊してしまえ」という視点に立つことが大事で す。 そのきっかけは常に、現場での実践の中から生まれます。  身近にある”発見”とそこから見えてくるトレンド、企業ネットワーク作りの考え方について述べます。

14: 40−15:40 「ビッグデータ時代のイノベーション方程式」
         東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 稲田 修一氏
 
ビッグデータ、それからその収集手段であるM2M(Machine to Machine)やセンサーネットワークに注目が集まっている。しかし、データありき、技術ありきの考え方では、これらをうまく活用できないことが多い。 ユーザ起点の発想で、ビジネス課題や社会課題の解決をめざすところに成功の鍵がある。意思決定のツールとしても注目を集めているビッグデータ活用の動向と 価値抽出に必要な考え方について述べる。

15:40−15:50  休憩

15:50−16:50 ユティリティ化するIT利活用ー情報システムこれまで、これから」  
         AITコンサルティング(株)代表取締役  有賀 貞一氏
         (経済産業省産業構造審議会情報サービス小委員会人材育成ワーキンググループ主査)
  1961年、MIT100周年記念講演で、ジョン・マッカーシー教授が、タイムシェアリング技術によって、コンピュータ能力やアプリの販売などが、水道や 電気のようにユティリティ化されたビジネスモデルになるだろうと述べてから、50年以上経過した。
  このコンピュータユティリティ概念は、ハード、ソフトの進歩により、「クラウド・コンピューティング」という形で、いよいよ実現の域に到達した。利用者が 所有する水車から動力を得て事業していた時代が、電力会社の電気でモーターを回して事業を行う時代に変ったように、大きな利活用シーンの変化があるだろ う。クラウド化の動きを踏まえて、これからのIT利活用の大変革をお話ししたい。


3.対象

  情報化研究会会員、および非会員

4.会費

   研究会  会員 4000円、非会員 6000円 (当日、現金でお支払いください)

   懇親会  会員・非会員とも4000円(希望者のみ)   京都駅ビル内で行います。

5.申込(メールのみで受付)

  下記メールへ、フルネーム、会員・非会員の別、所属、連絡電話番号、懇親会の出欠を書いて申し込んでください。
 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp
 
*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ