間違いだらけのネットワーク作り(812)2013/12/14
「タブレットは貼っておけ」

 今週はかなり冷えましたね。  木・金と大阪に出張したのですが、東京より4、5度低く、厚いコートが役に立ちました。 
 16日(月)にITproの新しいコラムが掲載されます。 「Windows タブレットは『タブレット』ではない」というテーマです。 2つの事例から、その意味を説明しています。  2010年にiPadが登場して以来タブレットを手がけてきて、今確信しているタブレット活用のポイントは3つあります。 
 11月23日に開催した研究会の集合写真と、「お茶の心とコミュニケーション」という題で講演してくれた、中野さんのメッセージも引用しています。 ぜ ひ、お読みください。

 1月16日に大阪の新春フォーラムで講演します。  東京のセミナーより時間に余裕があるので、面白い無駄話をたくさん出来ると思います。

「脱・Cisco、LTE、 『格安』タブレットで実現する企業ネットのコスト削減&価値創出」

 
「タブレットは貼っておけ」

 以前から、大阪伊丹空港の到着ロビーにあるAmericanExpressの店が気になっていました。 タブレットを使ったディスプレイがきれいで、 しゃれているからです。 とうとう、木曜日に店の前を通った際、店員の女性に断って写真を撮らせてもらいました。



  これがタブレットの使い方の典型の一つです。 なぜ、タブレットを貼っておけるのか?  安いからです。  15万も20万もするノートパソコンは「後生 大事に」持ち歩くもの。  しかし、格安になったタブレットはあちこちに置いておくもの、あるいは貼っておくものになります。
 
 私のうちではiPadをリビングに置きっぱなしにしています。 そのうち、もっと安いタブレットが出てくれば、トイレの壁に貼っておくようになるでしょ う。  トイレのドアを開けるとタブレットに時刻と天気予報と、ニュースが写し出される、といった感じです。  数万円するタブレットでは無理な使い方か も知れませんが、そのうち5000円くらいのタブレットで出来るようになるでしょう。

 タブレットはこれまでのWindowsパソコンとは違う発想で使いこなすべきものです。

 企業での事例に即して詳しく書いた下記のコラムをお読みください。

「Windows タブレットは『タブレット』ではない」


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ