間違いだらけのネットワーク作り(805)2013/10/19
講演予告「2014年企業ネットワークの展望とコミュニケーション API化のインパクト」

 
例年なら気候が一年で一番安定して秋晴れが多い季節のはずなのですが、暑かったり台風が次々と来たりで、季節を楽しめず損をしている気が します。 3週間前に買った3冊の本を読み終えたので、昨夜新しい本を1冊だけ買いました。 お気に入りの作家の本なので、大きなはずれはないはずです。   ちなみに3週間前に買った本は新聞の書評欄に取り上げられていた2冊がどちらも70点程度、衝動買いした1冊は80点くらいでした。  400ページ を超えるくらいの厚さと読み応えがあって面白い本にめぐりあいたいと思っているのですが、そんな分厚い本自体が少なくなっています。

第39回情報化研究会「コ ミュニケーションのAPI化で進むネットワークとクラウドサービスの革新」(11月23日日本科学未来館)

 
講演予告「2014年企業ネットワークの展望とコミュニケーション API化のインパクト」

 
11月23日(土)に開催する情報化研究会まで1カ月あまりになりました。 私の講演の予告をします。  これから、まだまだ内容を考え るのでどんどん変わる可能性があります。

○2014年企業ネットワークの展望
  2014年は情報化研究会創立30周年の年です。 1世代30年といいますが、ネットワークの世界も節目をつけるべき時期だと思います。  何を持って「節目」と考えるのか? これからの企業ネットワークは何を目的に、どう作っていくべきか、 企業のIT部門の立場で話します。

○LTEは光ファイバー代わりにどの程度使われているか、これからどんな使い方を提案すればいいか
  光ファーバー主役の時代は終わり、高速無線の時代になりました。 当面はLTEが主役です。 1000本を超えるLTEを光ファイバー代わりに使う企 業も現れました。 さらにLTEを効果的に活用するにはどうすればいいか、考えます。

○タブレットはなぜ売れるのか、どう売ればいいのか
  タブレットが企業に売れています。 私はiPadしかやってないのですが、iPadが売れています。  なぜ売れるのか?  私にとってiPadは ネットワークに付加して付加価値を生むためのものなのですが、最近面白い事例がありました。  新規のお客様から、ネットワークに関係なくiPadを見積 もるように依頼があったのです。  何に使うのか、目的は言われません。 メールで見積もりを送ったところ、運よく入札に勝ちました。  納品が終わった あとでお礼かたがた訪問し、「ところで、iPadを何に使うんですか?」と質問したのです。

  目的も知らずにモノだけ売って、後で用途を聞く。  面白いなあ、と思いました。 聞いた目的 がまた分かりやすかった。  ネットワークにプラスして付加価値を作る使い方だけでなく、分かりやすい使い方(お客様に教えてもらった)も 紹介します。

○コミュニケーションAPI化の現状とこれから
  2014年にHTML5の標準化が完了し、ブラウザだけでリアルタイムコミュニケーションを可能にするWebRTCも本格的な実用段階を迎えます。   WebRTCに限らず、コミュニケーションで必要な機能をAPI化する動きが広まっており、サービスやアプリケーションに通信を取り込むことが容易にな りました。
  コミュニケーションAPI化が企業にどんなメリットをもたらすのか、ITプロにとってどんなビ ジネスチャンスがあるのか、考えます。


 研究会のプログラム、申込方法等については下記URLを参照ください。

第39回情報化研究会「コ ミュニケーションのAPI化で進むネットワークとクラウドサービスの革新」(11月23日日本科学未来館)
 

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ