間違いだらけのネットワーク作り(800)2013/09/14
「11月23日情報化研究会予告」

 
このコラムは今回で800号になりました。  1997年9月から書きはじめて16年経ったことになります。  はじめた当初は音声・ データ統合の話題が中心で、97年から2003年の間にそれに関する書籍を3冊書きました。  IP−VPNより広域イーサの方が優れている、ということ を書き続けたのは99年から2002年くらいまで。 その後もIP電話関係が多かったのですが2010年からはスマートデバイス関係が目立つようになって います。 

 このコラムのバックナンバー一覧を見て頂くと、企業ネットワークの 16年間の歴史の一部を見ることができます。

http://www2j.biglobe.ne.jp/~ClearTK/atm_fr/afindex.htm

 
「11月23日情報化研究会予告」

 毎年、春に京都、秋に東京で研究会を開催しています。  今年は「間違いだらけのネットワーク作り連載800回記念」と銘打って、下記のとおり行いたい と思います。 情報化研究会会員だけでなく、非会員の方も参加できますので、ぜひおいでください。

間違いだらけのネットワーク作り連載800回記念・第39回情報化研究会
「コミュニケーションのAPI化で進むネットワークとクラウドサービスの革新」

1.日時・場所
2013年11月23日(土)   13:30−17:00(受付 13:00−13:30)
日本科学未来館 7階第一会議室

2.プログラム

13:30−15:00 「2014年企業ネットワークの展望とコミュニケーション API化のインパクト」
講師:情報化研究会主宰  松田 次博
 2013年の企業ネットワークの動きを振り返るとともに、2014年を展望します。 企業ネットワークビジネスを発展させるため、これか らユーザーに何を提案すべきか提言します。 LTE、格安タブレットの活用、コミュニケーションAPI等について述べます。
 コミュニケーションAPI化のインパクトでは、そもそもコミュニケーションAPIとは何なのか、WebRTCとクラウドAPIについて紹介し、それが企 業ネットワークやクラウドサービスにとってどんな効果をもたらすか事例を交えて解説します。

15:10−15:50 「誰でも出来るクラウドAPIを使ったコミュニケーション サービス」
講師:調整中
 コミュニケーションがAPI化されることで、複雑な通信技術はブラックボックス化され、誰でも簡単にテレビ電話サービスや会議サービスが作れるようにな ります。 実際にクラウド型のAPIでサービスを作り、デモを行います。

15:50−16:30  「茶道の心とコミュニケーション」(仮題)
講師:宗義
 茶道の免許を持つ講師が茶の湯とコミュニケーションのことについて語ります。 

16:30−17:00  質疑、集合写真撮影、片づけ

3.会費

情報化研究会会員 4000円  非会員 6000円  
会費は当日会場で徴収します。

4.申込

所属、フルネーム、連絡先電話番号、会員・非会員の別を明記の上、下記までメールで申し込んでください。

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ