間違いだらけのネットワーク作り(795)2013/08/10
「データ通信協会セミナー予告」

 
先週は恒例の研究会旅行で、米子・出雲・松江に行きました。 16年続いている旅行会で、初めて女性がおらず男ばかり8人。  NTT島 根にいる情報化研究会のTさんに紹介してもらった、塩見縄手にある旅館に泊まりました。 写真の左側にある松の背後にある建物です。  松江城の外堀に面 しており、その時代には中級の武士が住んでいた場所だそうです。 
 小泉八雲の旧居の並びで観光名所の中心なのですが、夜はとても静かでした。  貸切タイプの宿なので、私たち8人以外に客はいません。  会食が終わる と料理人も、係の人たちも皆、帰ってしまいました。 面白いシステムです。 堀に面した広い座敷で7時から11時過ぎまで会食と歓談。  ゆかた姿でゆっ たりくつろげました。



「データ通信協会セミナー予告」(9月11日ベルサール神保町)


 昨年に続き、日本データ通信協会で講演をします。 テーマは「−LTE人口カバー率 100%目前、格安タブレット普及−“豊かな”IT資源で実現する企業ネットワークの革新 」です。

 光ファイバーなみの速度が出るLTEが人口カバー率100%を目前にし、いつでもどこにいても快適なブロードバンドを手ごろな料金で使えるようになろう としています。
 iPadやAndroidタブレットが登場して3年が経ちました。 iPadに安くなる気配はありませんが、Androidタブレットは急激に低価格化 が進み、「格安」と呼べるものも登場しています。  パソコンでは高価すぎて導入できない用途や場所でもタブレットなら気軽に使えるようになったのです。  
 ネットワークも、コンピュータも安価で高性能、つまり“豊か”になったということです。

 この講演ではLTEやタブレットの活用の考え方と最新事例、今後の展望について述べるとともに、脱・Cisco、脱・光ファイバーといった常識にとらわ れないネットワーク作りを紹介します。



*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ