間違いだらけのネットワーク作り(788)2013/06/15
「スマホで総務の仕事が減る話」

 いつもの土曜日と同じように、窓からケヤキの元気のいい枝葉を見ながらパソコンに向かっています。  のどか、というのはこんな状態を言 うのでしょう。  今週月曜日は年に一度の人間ドックでした。 大きな問題がないので「のどか」でいられるのです。  

 ドックの帰りに高田馬場の書店に寄ったのですが、平日の昼間だというのに混んでいました。 早稲田大学が近いとは言え、学生ではない客も目立ちます。  ひいきの店が繁盛しているのは嬉しいものです。  文芸の新刊を1冊買って帰りました。 買ったばかりの本を読みつつ2階のバーでビールを飲むのは好きな パターンなのですが、今回は止めました。
 
  
「スマホで総務の仕事が減る話」

 iPadを導入していただいているお客様にはMDM(MobileDeviceManagement)サービスを使ってもらっています。  このMDM をちゃんと勉強しておこう、ということでMDMの企画・開発をしている人たちと打ち合わせをしました。 1時間ちょっとくらいかなあ、と思っていたのです が2時間になりました。 女性一人と男性3人が来てくれたのですが、ほとんど女性一人がしゃべり、男3人のうち2人は一言も発しませんでした。 私は 20、30分話したでしょうか。

 1時間のつもりが2時間になったのは、この女性の話がとても面白かったからです。  面白い理由はたくさんのお客様と会話しているから。  いつも机に 向かっているだけで「マーケティングをやってる」なんていう人の話はツマラナイものです。

 面白い話のほとんどはここに書けない内容なのですが、一つだけ、スマホのおかげで総務の仕事が減ったという話。  会社貸与の携帯電話がフィーチャーホ ンのうちは総務の主管だったのが、スマートフォンにする際にシステム部に移管する会社が多いというのです。  さもありなん。  スマホはパーソナルコン ピュータと同じなので、セキュリティの管理やイントラネットの利用をするとなると総務の手には負えません。

 MDMの機能が豊富になっているのにも驚きました。  どこまで使うかはユーザー次第ですが、個人の位置情報まで管理者が閲覧できたりするのです。 こ んなことやって欲しくないと思います。 同じMDMという名前のサービスでも、ベンダーによって機能にかなり差が出てきています。  正直、私自身は MDMは必要なものだけど、面倒くさい、と思っています。 ただ「管理」するだけじゃない、エンドユーザーや会社にとって付加価値のある使い方が出てくる とMDMのイメージも変わると思います。

 
*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ