間違いだらけのネットワーク作り(784)2013/05/18
「ファブレットとは?」

 
朝10時頃、ピンポンとチャイムが鳴ってヤマト運輸の女の子が荷物を届けてくれました。  Amazonです。  中身は何?と嫁さんに 聞いたらネスカフェ・ゴールドブレンド1本、税込977円とのこと。  えー、そんなの隣のスーパーで買えばいいじゃない、と言うとスーパーより安いのだ そうです。 今週、お米は楽天から届いていました。 米はAmazonより楽天がいいそうです。
 それにしても、倉庫、包装、運送、最後にリヤカーで荷物を配る女の子の人件費、そういったものが何%くらい977円のインスタント・コーヒーに含まれて いるのでしょう。 Amazonで購入できる最安の商品は何なのでしょうね。 

 さて、5月31日NEC主催のICTイノベー ションセミナーは開催2週間前で305人の申し込みがあり、受付を締め切りました。  情報化研究会の方も申し込んでくれていますが、当日は早め に来てください。  席は240しかないので、欠席率が20%未満だと立ち見が出ます。  このセミナー、今年が5回目(5年目)なのですが、過去最速の ペースで申し込みがありました。 企画は私がしているのですが、何が良かったのでしょう。 

「ファブレットとは?」
 
 先週に引き続き、日経NETWORK5月号からの話題です。  SDNの記事が目的で日経NETWORKを買ったのですが、ぺらぺらめくるうちに面白い 記事が眼に入りました。 イラストで理解するネットワークのことば、という2ページの記事です。  今月の言葉は「ファブレット」。

 ICTのニュースはこまめに見ているつもりなのですが、知らない言葉でした。 タブレットに近い大画面を持つスマートフォンのことをファブレットと言う そうです。 PhoneのPhと、Tabretのabretをくっつけた造語です。 こんな言葉、必要なのかなあと思います。  GalaxyNoteく らいしか該 当する端末がないし、こんな中途半端なものが広く普及するとも思えないからです。 GalaxyNoteは発売されて1年以上たちましたが、ケータイオタ クの人に見せてもらってことがあるきりで、他に使っている人を見たことがありません。 画面の大きなスマートフォンと呼んでおけば充分という気がします。

 名前が欲しいのはむしろ、iPodTouchのような端末です。 電話は付いていないが、それ以外の機能やディスプレイのサイズはスマートフォンとほぼ 同じという端末です。 ここで言う電話はSkypeやLINEではなく携帯事業者が付与した090や080ではじまる電話番号と回線を持った電話です。   スマートデバイスは総称なので他との区別が出来ないし、今は適当な呼称がありません。 ネットにさえつながれば無料の電話サービスはたくさんあり、音質 も昔のインターネット電話より格段に良くなっています。  090や080にお金を払いたくないと考えるユーザーは増えて行くでしょう。 

 ディスプレイの大きさによる区別よりも、Phoneなのか、Phonelessなのかの区別の方が重要だと思います。 
 
*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ