間違いだらけのネットワーク作り(782)2013/05/04
「家計簿になったiPhone」

 
今年のGWはNECカレンダーでは4月27日から5月6日までの10連休。 私は4月26日に有給休暇を取ったので、11連休です。   連休前半は例年のごとく、愛媛の実家に帰り小旅行をしました。 行き先はめずらしくもない道後温泉です。  昨年の研究会旅行でも松山に行ったのですが、 ホテルはビジネスでした。 今回はちゃんとした温泉旅館です。  しょっちゅう来ている松山ですが、初めてのところを3カ所訪問しました。
 一つ目は坊ちゃん劇場。 7年前に松山郊外に開設されたミュージカ ル劇場です。  4月から翌年3月まで、同じ演目を毎日上演しています。  愛媛や四国にまつわる人を題材にしたオリジナルの脚本・作曲によるもので、こ れまで「坊ちゃん」(ジェームス三木、脚本・演出)、「正岡子規」などが上演されています。 現在は8番目の演目で、「平賀源内」です。  
 田舎の劇場なのであまり期待していなかったのですが、俳優の演技、歌、観客へのサービス、とても良かったです。  俳優は13人で、すべて東京でのオー ディションで選ばれるとのこと。 演出家も音楽も東京の人だし、俳優も東京に集中しているのでそうなるのでしょう。  中にはテレビでよく見る名の知れた 人もいます。  1年間松山で拘束されるのに、よく来てくれたものだと思いました。
 二つ目は松山城の城山のふもとにある秋山好古、真之兄弟生誕地。 正岡子規とともに坂の上の雲の主人公として知られています。 つつましい生家が再現さ れており、兄弟の手紙等が展示されています。 興味深いのは真之の三男である秋山中氏のビデオです。 真之が日本海海戦に対して、どんな予想を持っていた のか、家族に宛てた手紙を根拠に語っています。 その内容が司馬遼太郎が坂の上の雲で書いているのとは、かなりニュアンスが違うので面白く感じました。
 三つ目は石手寺。  四国88カ所の札所の一つです。 本堂が新緑に囲まれてきれいでした。
 GWが終わると観光は閑散期に入り、飛行機もホテルも安くなります。 坊ちゃん劇場、秋山兄弟生誕地以外では正岡子規博物館や松山城がお勧めです。 道 後温泉とセットで東京から出かける価値は十分です。 ぜひ、行ってみてください。 坂の上の雲ミュージアムというのがやはり城山のふもとに出来ているので すが、これはお勧めできません。  写真ばかりで実物展示がほとんどないのと、坂道(スロープ)になった回廊をぐるぐる登りながら、壁にかけられた写真を 見るのですが、ななめになった廊下で立ち止まって見ていると平衡感覚がおかしくなって気分が悪くなるのです。 感じ方には個人差があるでしょうが。  安 藤忠雄さん設計の建物ですが、はっきり言って失敗作ですね。


「家計簿になったiPhone」

 
GW、暇なので、「最近のうちの家計って、どうなってるの?」と嫁さんに家計簿を見せてもらいました。 お金にほとんど関心を持っていな いので、聞いたは2年ぶりくらいでしょうか。  iPhoneでつけている家計簿を見せてくれました。 Zaimというアプリだそうです。  いくつか 試して、これが一番とのこと。  支出の内訳がパッと円グラフで見れたり、時系列で推移が見えたり、良く出来ているなあと家計簿の内容より、アプリの出来 の良さに感心しました。

 クラウドに自動でバックアップされているのでデータ消失の心配もありません。 家計簿以外にも日記アプリも使っており、写真の管理は昔から Picasa。  最近ではiCloudも使っているのですが容量が小さいのと追加料金が高いので、Picasaがメインとのこと。 

 嫁さんは買い物にはAmazonをしょっちゅう使うし、「ITおばさん」と呼びたくなるくらい、ネットやiPhoneのことは詳しいです。  もうスマ ホは「電話機」と呼べなくなりました。 アプリやネットショッピングの道具なのです。 不思議なのは家にいるときでも、iPadを使わずiPhoneばか り使っていること。  やはりiPadの重さは家の中でもあちこちで使うには不便なのですね。

 GW中によく使っているアプリはLINEです。 スマホで取った写真をすぐに家族で共有できる。 チャットで帰省の連絡を取り合える。  これは便利で す。 LINEで電話を使うことはありません。

 とりとめのない、GW日記になりました。
  
 
*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ