間違いだらけのネットワーク作り(776)2013/03/09
「これからの企業ネットワークは”豊かさ”活用がポイント」

 
今朝の東京は遠くが白くかすんで、黄砂がやって来たのだなと分かります。 昨年の5月、カゼを引いてセキがなかなか治らなかったのです が、考えて見れば黄砂や最近話題のPM2.5が原因だったのかも知れません。 今年は黄砂のひどい日にはマスクでもして自衛するつもりです。

 4月13日(土)の京都 研究会まで1カ月あまりとなりました。  現在、12人から申し込みが来ています。  名簿を会員ページに掲載しますので、申し込んだ方は確認し てください。 これから申し込む人は顔ぶれを見てください。  初参加の方もいます。  地元NTT西日本の人がたくさん参加するのを期待しています。  私の講演内容はNTTを刺激することが多いと思います。
 
 ということで、今週は京都研究会での私の講演のレジュメを書きます。  これからまだまだ考えるので変わるところ、追加されるものも多いですが、骨子は 変わりません。
 
京都研究会講演レジュメ
「これからの企業ネットワークは”豊かさ”活用がポイント−LTE人 口カバー率100%目前、ホットスポット停滞、スマートデバイス全盛時代の考え方」

・今日は○○の話から始めましょう   いつもと違って「本日のポイント」というスライドを省きます。  1枚のスライドを 使って、ちょっと新しい入り方をします。

1.企業ネットワークの動向   定番のトレンド図です。  当然、 1年前とは変わっています。  
  クラウドの目的は「クラウドを導入すること」?  コストが20%増えてもクラウドにする企業 の理屈とは?
  LTE人口カバー率100%目前、 リードするキャリアは?
  使いこなされて来たOpenFlow、現場ではニーズに応じた工夫が始まっている

2.進化する”ツル ハ・モデル”と公衆無線LAN(ホットスポット)のこれから
  ホットスポット、千数百カ所を運用して見えて来たこと
  ホットスポットの利用実態を表す比率  100:170:600 の意味とは?
  ホットスポットを中期事業戦略の柱の一つにしたNTTの間違い
  ホットスポットの目的はオフロードでなく「オンロード」?  ベンダーのまやかしじゃないの?
  ホットスポットのあるべき姿
  WiFiは宅内、オフィス内で使え

3.”豊かさ”を活かす企業ネットワーク
  
企業ネットワークでも活かせる、クラウドやビッグデータの発想
  豊かになったものを数字で見ましょう
  一番豊かになったのは意外にも○○だと思います
  豊かさを制約する最大のネックはマイクロソフトの製品
  豊かさを活かす企業ネットワークの姿
  豊かさは単純な効果をもたらす
  豊かさから飛躍的な効果を得るには○○が必要
  私たち、ICTのプロに求められていること


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ