間違いだらけのネットワーク作り(761)2012/11/10
「脱・Apple」

 
今週は月・火と札幌へ出張、木・金は有楽町国際フォーラムでNECのイベント、iEXPOでの講演、とあわただしく時間が過ぎました。  写真を3枚、お見せします。
まず1枚目は札幌からの帰り、千歳空港で食べたラーメン、「えびそば」です。  店の名前は「一幻」で、いつも長い行列が出来ていて並ぶ気にならず、入っ たことがありませんでした。 今回はたまたま、すぐ座れたので初めて食べることが出来ました。 濃厚なエビの香りと味がして、美味でした。 麺は太麺と細 麺、スープも数種類の中から選べます。

      

  2枚目、3枚目はiEXPOの講演模様です。  会場が狭いため、8日、9日と同じテーマで2回講演しました。  1日目が95人、2日目が155人、計 250人。 遠くは沖縄、北海道、青森、福岡、島根、など全国から来ていただきました。 有難いことです。  両日ともいつも どおりの型破りな講演をしましたが、2日目は特に気持ち良く話せました。 前方の席に座っていた、若い男性と女性がしきりに「ウンウン」という感じでうな づきながら聞いていたり、中ほどの席に座っている中年の男性が面白そうにニコニコしながら聞いてくれたので、こちらもノリが良くなりました。

 1日目で嬉しかったのは、講演終了後、大阪から来てくれた方が、「いつも情報化研究会のHPを見ています。 握手してください。」とやって来たことで す。 会員の方ではなく、初対面だったのですが、このHPを熱心に読んでくれている方がいるのだな、と嬉しく思いました。  ツーショットの写真を撮っ て、翌日メールしました。  

  17日の第37回情報化研究会が1週間後に迫りました。 今日のこのコラムのテーマである、タブレットの選び方、についても突っ込んだ話をしたいと思いま す。 iPadmini、Nexsus7、GalaxyNote、など一人で何台もスマートデバイスを使っている、金澤さんには実物を動かしながら、それ ぞれの使用感に基づく、選択の考え方を話して貰えると思います。 15日まで受け付けますので、ぜひ参加してください。 非会員の方もOKです。
 
第37回情報化研究会 「LTE、スマートデバイスで変わるネットワークの世界」

「脱・Apple」


  今回のiEXPOのテーマは「脱・Cisco、脱・光ファイバーで革新する企業ネットワーク」でした。  銀行や大手流通業などで、 100%Ciscoのネットワークから、100%NEC製品を使ったネットワークに更改した事例を超具体的に紹介しました。 「超」がつくのは、自分で提 案から設計・構築・運用までやっているからです。 他人のやったことはしゃべりません。 自分のやったこと、これからやることを話すのが私の講演の原則で す。 脱・光ファイバーは、光ファイバー代わりにLTEを使いましょう、という話です。 通信制限があっても充分使えることを、具体的な根拠とともに説明 しました。 

 タブレットに関してはテーマには入れていませんでしたが、内容の3分の1を占めていました。 タブレットに関する表題(トビラの題)は「Android やWindowsもiPadに追いつきました」です。 「2年間、iPadを売って来た。 NEC製のタブレットよりiPadの方がいいと思ったからだ。  しかし、2年経ってNECはiPadに対抗できる製品が出来た。 なので、これからはNEC製を前面に出して提案する」という趣旨の話をしました。  

 上の写真で私が持っているAndroidタブレットがNECのLifetouchLです。  iPadと同じサイズのスクリーンで、iPadより薄く、 軽く、バッテリーの持ちがいい製品です。  11月5日の日経新聞の全面広告で、この製品がローソンのスーパーバイザー、1600人が使うタブレットとし て採用されたことが紹介されていました。  当然、ローソンさんはiPadと比較した上で、LifeTouchLを選んだのです。 私は担当営業にローソ ンさんがこのタブレットを選んだ理由を聞きました。  「Appleに縛られることなく、アプリの開発をスピーディにするため」、「Androidなら特 定のベンダーに縛られることがない」というのがその理由だそうです。

 iPadでアプリを開発するにはAppleとディベロッパープログラムを契約せねばならず、勝手にアプリを作ることは出来ません。 1年たったら、契約 を更新しないと作ったアプリは動かなくなります。  開発言語はObjectiveCというローソンさんが使いなれない言語で、効率も悪い。 

 写真にはありませんが、もう一つ講演の中で紹介したタブレットがWindowsタブレットである、VersaProVZです。 12インチのタブレット PCで軽量であること、LTE内蔵(ドコモ)、有線LAN、キーボードが簡単に接続出来、デスクトップPCとしても使えること、が特徴です。  住友生命 のライフデザイナー(生保の営業)4万人に採用されています。 住友生命の事例は日経BPの 2012エンタープライズモバイルAWARDに選ばれました。

 このように、タブレットの世界はiPadの独壇場ではなくなりました。  iPadにこだわらず、目的に応じた、最適な製品を選ぶことが企業にとって重 要です。 今、iPadを使っている企業も「脱・Apple」を検討してみてはどうでしょう。

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ