間違いだらけのネットワーク作り(743)2012/06/23
「ドコモのアップルへの対応に?」

 
このクールのドラマも次々と最終回を迎えています。  結局、熱心に観たのは月9の「鍵のかかった部屋」と火曜10時の「37歳で医者に なった僕」だけでした。  「鍵」は来週が最終回ですが、密室の謎解きと佐藤浩市のコミカルな演技、画面展開の面白さが印象に残りました。 「僕」は草な ぎ剛の僕シリーズの最新版ということになりますが、もう10年近く前になる「僕の生きる道」とか、「僕と彼女と彼女の生きる道」と比べるとインパクトは弱 かったように思います。  NHKの大河、平清盛は相変わらず、ダメですね。  シナリオが悪すぎる。 「なぜここで清盛が涙を流すのだろう?」などと理 解できないことが多すぎて、まったく感情移入出来ない。  ドラマのどこを楽しめばいいのか、焦点も定まらない。 困ったものです。

 8月23日JUASでの講演がWebに公開されました。 1月より、かなり内容を変更・追加します。 
脱・ Cisco、ツルハ・モデルで実現する 企業ネットワーク革新の最新動向と先端事例

 6月25日(月)にITproの新しいコラムが掲載されます。  映画「テルマエ・ロマエ」のロケに使われた温泉の写真とか、映画へのコメントもしてあ ります。  
公 衆無線LAN活用、もう一つの着眼点

「ド コモのアップルへの対応に?」

 
先週、「iPhone ショックはどこまで続く?」というコラムでドコモは垂直統合にこだわらず、iPhoneを扱うべきだ、という趣旨のことを書きました。 今週開催 されたドコモの株主総会でそれに関連する発言がありました。 
 

【記事 1】ドコモが株主総会を開催、iPhoneの扱いや競争苦戦に厳しい質問

【記 事2】ドコモのiPhone販売「厳しい」 株主総会で答える

 「アップルの場合、(2012年度のスマートフォンの販売目標である)1300万台の半分以上をiPhoneにしなさいと言われる可能性が高く」(記事 1)
 「いろんなスマホのラインナップの1つとしてアイフォーンを入れて良いよと言われれば、入れたいと考えている」(記事2)

 ドコモのユーザーにはiPhoneを待望している人が多いと思います。 メニューの一つとしてならiPhoneを入れたいというなら、その交渉をアップ ルとしているのでしょうか? 
「言われる可能性が高い」という言い方は、まだ言っていない、交渉していないと受け止められます。

 メニューとして要望するユーザーが多く、株主総会でもその採用を求められているのに交渉の努力をしていないなら、ユーザーのドコモ離れが一層進む恐れが あります。
「メニューとして追加したいので、アップルとその交渉を進めたい」とは言えない事情でもあるのでしょうか?

 2007年12月末、ドコモの加入者数は5315万で、シェアは50%を超えていました。  ソフトバンクは1761万。 2011年12月末、ドコモ 5962万、ソフトバンク2784万。 ドコモのシェアは43%にまで落ちています。  先週と同じことを書きますが、キャリアの本業は土管です。 土管 のユーザーが減ったらサービスを充実しても無意味です。 サービスのユーザーも減りますから。


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ