間違いだらけのネットワーク作り(738)2012/05/12
「スピードテスト」

 
相変わらず寒暖の差が激しく、竜巻まで起こってしまう不安定な天気が続きますね。  そのせいかどうか、めったに出たことのないセキがな かなか治りません。  5月らしい好天になって欲しいものです。  5月30日のICTソリューションセミナーは10日時点で100数十名から申し込みが 来ています。  まだ日がありますが、満席になる可能性がありますので、申し込まれる方は早めにどうぞ。

ICTイノベーションセミナー・プログラムと申 し込み


「スピードテスト」

 今月から2社めのツ ルハ・モデルの展開が始まりました。  4月に試行拠点のホットスポットをオープンし、アクセスポイントの数や設置位置を決めたりどの程度の速度 が出るか測定しました。  最近、無線LANが増えすぎて互いの干渉でスピードが出ない、といったことが言われますが、実際にはかなりの速度が出ていま す。  その時々の利用状況によって速度は変化しますが「使いものにならない」といった経験は今のところありません。

 ホットスポットはもともとベストエフォートのサービスなので「遅い時は遅い」が許されるものではあるのですが、店舗に来られたお客様向けのサービスなの で使いものにならないのでは困ります。 そこで、運用が始まったホットスポットで実効速度をモニターする仕組みが欲しいなあ、と考えています。  ユー ザーからのクレームを待たずに「使えない状態」に陥ったホットスポットを見つけるためです。

 スピートテストのツールは山ほどあるのですが、クライアントとなるPCやスマホを現地で使って測定するしかありません。  1社で1000拠点を超える ホットスポットがあるのに、現場に行かないと測定できないのではコスト的に不可です。  常時オンラインになっているデバイスが現地にあって、自動的・定 期的にスピードテストをして結果をサーバに送信する、といった仕組みが出来るといいのですが。  

 これだけホットスポットが隆盛を極めているので、たぶんそんなツールはどこかにあるのでしょうね。 


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ