間違いだらけのネットワーク作り(724)2012/01/28
「構内PHSの後継」

  
先週の土曜日、「ALWAYS 三丁目の夕日’64」が封切られました。  このページの記事をさっさと書いて、嫁さんと観に行きまし た。  冷たい雨が降っていたにもかかわらず、観客の入りは上々。  作品の出来は一作目、二作目同様、よく出来た人情ドラマになっていました。  驚い たのは二人の子役、茶川商店の淳之介と、鈴木オートの一平がかわいい小学生から、憎たらしい(?)高校生になっていたことです。 前作からわずか5年なの ですが、子供の成長の速さにびっくりさせられました。  我が家でも同じ経験をしたはずなのですが、たまにしか眼にしない他人の子供の方が成長が速く感じ られます。  次の作品も期待したいのですが、どうなるでしょう。

  1月30日(月)に新しいITproのコラムが掲載されます。 テーマは「企業 と携帯事業者がネットワークをシェアする『ツルハ・モデル』とは」です。  とても面白いと思います、ぜひお読みください。

  2月1日(水)に博多で講演します。 すでに満席になっていますが、当日来ていただければ聴けると思います(立ち見の可能性あり)。
C−3 次世代WAN、スマートデバイス (iPad等)による企業ネットワークの革新

「構内PHSの後継」

 25日にJUASで講演をしました。  質問もいろいろいただいた のですが、講演のポイントである「脱・Cisco」、「ツルハ・モデル」、「スマートデバイス」とは関係ない質問が面白かったです。 それは「構内PHS の後継に何を使えばいいか」というものです。

私「PHSの製造は続いているので、なるべく長くPHSを使うのが得策です。」

質問者「内線電話だけでなく、スマホで使えるアプリの利用も出来るようにしたいのですが」

私「スマホ用のソフトフォンはiPhone用も、Android端末用もありますから無線LANでスマホ内線を実現するのは簡単です。
しかし、スマホに白ロムはないので外線通話が必要ない端末でもキャリアに料金を払わなきゃいけないのが難点ですね。」

質問者「基本料のかからない端末はないでしょうか」

私「タダのアイデアですが、スマホの中古マーケットが広がっているのでSIMカードの入ってない中古スマホを使う手も考えられますね。
でも、同じ機種を必要数そろえ、将来的にも使い続けられるか、という心配があります。

面白い手段としてはiPod Touchを使う方法もあります。 iPhone用のソフトフォンを載せて内線電話端末にするのです。
この場合の欠点はiPod Touchのマイクが背面上部に、スピーカーが底面のDOCKコネクタ横にあるため、
裏返しにして上下ひっくり返さないといけないことです。  スピーカーも電話用ではないので、まわりの人に相手の声を聞かれやすく
なります。」

内線電話端末としての利用を想定した安価なスマートデバイスがないものでしょうか。
  
*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ