間違いだらけのネットワーク作り(671)2011/01/15
「NGNはどうなっているのか?(2)」

 今週は4日しかなかったのですが、連休明けの火曜日はプレゼンを2つこなし、水曜、木曜といろいろあって、金曜日の最後は講演で締める、という中身の濃 い週でした。  新年会が火曜日から金曜日まで3日連続で入っていたのですが、来週もヘビーな予定が入っているので金曜日の会はキャンセルして、体力温存 しました。  

 金曜日の講演はほぼ1年ぶりに大手町で証券アナリストの方たちを対象に行ったものです。  4時半から始めて6時には質疑も含めて終わる予定だったので すが、いつもどおり余計なことをたくさん話すのと、質疑が30分以上続いたため、終わったときには6時半を過ぎていました。  アナリストだけあって、面 白い質問が出ました。  今日はその中の一つを題材にします。

「NGNはどうなっているのか?(2)」

  いろんな質問が出て、面白すぎるものもあるのですが、それはここに書けないような質問です。  さほど面白くはないのですが、そう言えばそうだよなあと 思ったのは「今日の講演ではNGNの話がまったくなかったですが、NGNはどうなっているんですか?」という質問です。 (2)をつけているのは昨年6月 に同じ記事を書いたからです。 「NGNはどう なっているのか?」

 私の回答は「企業にとって魅力的なサービスがないので、提案に盛り込んでいません。  お客様からNGNの話題が出ることもないですね。」というそっけ ないものです。  事実なのだから仕方がないですね。 ただ、これまで小規模拠点で使っていたBフレッツが、NGNのサービスであるフレッツ光ネクストに 変わった、ということはあります。  多くのユーザーにとって、NGN=フレッツ光ネクストではないでしょうか。  オープンとか、コラボレーションを キーワードに新しいサービスを開発する、という目的がNGNにはあったはずですが、それらしい目立ったものはないですね。  半年前と同じことしか言えな いのが淋しいところです。

 ちなみに、NGNの最新状況を見ようと、NTT東日本のページを開きました。
 次世代ネットワークについて

 ここには「その他公表資料等」というリンクがありますが、開いて見ると2007年の公表資料しかありません。 アップデートされてないのですね。 展示 スペースであるNOTEの展示一覧はこんな感じです。
  展示一覧

 2007年に開設された当時、見学した感想を「NGN見学 記」に書きましたが、その頃と比べて増えたのはデジタルサイネージとクラウド、くらいでしょうか。

 光ファイバの普及にブレーキがかかり、NGNも広がらない。  ユーザーの関心はモバイルばかりに向かっている。  NGN普及の突破口はどこにあるの でしょう?  私は企業向けの魅力ある回線サービスの開発がその候補ではないかと思います。  ネットワークの世界も、ITも、今はコンシューマー主導で 動いています。  コンシューマーはすっかりモバイルに満足しており、光ファイバを欲しがってないように見えます。  光を有効に活用しきれるのは企業で はないでしょうか。  数の上ではコンシューマーにまったくかなわないにしても、企業向けのNGNサービスを開発し、着実に広げることが突破口になるよう な気がします。  

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 
  tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ