間違いだらけのネットワーク作り(645)2010/07/03
「電話機になったiPad」

 今週木曜日は明治記念館で講演し、その後、研究会仲間4人で気持ちのいい芝生の庭に設けられたビアガーデン でわいわいと話をしました。 5時過ぎから始めて、ふと気付くと9時半まで、延々4時間あまり話していました。 お酒はそれほど飲んでおらず、小ぶりなビ アジョッキでビールを2杯、ワインをグラス3杯、だけでした。  テーブルチャージが高いのですが、それに見合う気持ちのいい接客と、きれいな庭、1時間 ごとの踊りのアトラクションが楽しめます。  ぜひ、予約して行ってみてください。  いきなり行っても席は取れません。

        

  6月28日(月)に掲載されたITproのコラム、「回線 開通物語」は意外にアクセスが多かったようです。 iPhoneとか、iPadとか、スティーブ・ジョブス、といった流行り言葉を入れたタイトル じゃないとアクセスは少ないだろうと思っていたのですが、地味なテーマでも読んでもらえるのですね。  話題らしい話題と言えば、iPhone、iPad しかない「AppleだのみのIT業界&マスコミ業界」ですが、地味路線でも頑張ってみたいと思います。

    



「電話機になったiPad」


 日経コミュニケーション7月号の最終ページに「間違いだらけのネットワーク作り  内線電話機にも、オンライン端末にもなるスマートデバイス」が掲載さ れています。 日経コミュニケーションのこのコラムと、ITproのコラムの関係は、約4000字のフルサイズの原稿の要約版が月初めに発行される日経コ ミュニケーションに掲載され、同じ月の第四月曜日にフルサイズの原稿がITproに掲載される、という関係です。 

 スマートデバイスは「小型高性能なネット端末」のことです。 といっても、私が勝手にそう定義しているだけです。  iPadは電話機ではないので、ス マートフォンとは言えません。 でも、明らかにiPhoneの仲間です。  9月にNECが発売するAndroid端末も電話機能はありませんが、やはり iPhoneやiPadの仲間です。 この仲間の呼称として「スマートデバイス」という言葉を使っています。

 これと関連して、今週、ソフトベンチャーの人と打ち合わせしました。  そこでは既に、iPadが電話機になっています。 マイクとスピーカーがついて ますから、簡単に電話機になるのです。 あんな大きなiPadを使って、電車の中で電話をしたら迷惑がられる前に笑われるでしょうね。  これは、机の上 においてスピーカーフォンとして使うと便利です。  電話会議が出来ますからね。  スマートデバイスを企業のコミュニケーション・ツールとして使うのは 色んなメリットが出せると思っています。  これからソリューションとしてどんどん提案して行きたいです。
 

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 
  tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ