間違いだらけのネットワーク作り(641)2010/06/05
「iSipとは?」

  iPadの発売から1週間経ちました。  自分で買ってはいないのですが、実機に触る機会がありました。    第一印象は思ったほどディスプレイが大きくない、重い、という2点です。  特に気になったのは重さです。  700グラムというのはノートPCよ りは軽いですが、左手で持って右手で操作する、という使い方をすると3分もしないうちに左の手首がつらくなって、置きたくなります。 これ、電車の中で 立って使うのは無理ですね。  机の上に置いて使うか、ヒザに置いて使うか、です。  ヒザに置いて使っても左手で持って固定し、使いやすい角度を保たね ばなりません。  立って使うよりましですが、力を使います。  画像や映像はさすがにきれいだし、動きはなめらかです。  しかし、iPhoneや iPodTouchを初めて見たときほどの驚きはないです。 

  私の著書、「間 違いだらけのネットワーク作り」が電子書籍になりました。  まだKindleやiPad用ではなく、ケータイで読むバーションです。  定価は 1510円です。  紙の書籍の1800円よりは安いですが、もっと安くして欲しいですね。  材料として紙もインクも不要、物流コストも不要、印刷や製 本作業のコストも不要なのですから、500円でも採算が取れるのではないでしょうか。  購入しなくても立ち読みが出来るようになっています。  紙の本 は横書きなのですが、電子書籍はなぜか縦書きになっています。 

   7月1日明治記念館講演。 次世代WANへのネットワーク再構築が盛り上がっています。 iPhone/iPadについては提供側ではなくユーザの立場か ら話します。
「〜次世代WAN、 Android/iPhone・iPadで劇的に変わる〜2010年代の企業ネットワーク 」


「iSipとは?」


 ここのところ、iPhoneやiPadの話題を続けて書いていますが、また今週もiPhoneの話題です。  昨日の午後、パソコンでレポートをばしば しと打っていると、Sさんがやって来て、iPhoneを使って「どこでも内線」が出来るのを見せられるけど時間はあるかと聞いてくれました。  うんう ん、すぐ見せて、ということでその場でやってもらいました。

 Sさんの左手にはイー・モバイルのモバイル・ルータ、右手にはiPhoneを持っています。   iPhone→無線LAN→モバイル・ルータ→イン ターネット→会社のIP−PBX→私の固定IP電話という電話の発信・通話をやってくれました。  iPhoneで私の4桁の内線番号をダイヤルすると、 それでつながってしまうのです。  無線LANでネット接続できる場所なら、どこからでもつながるので、のぞみの車中でも内線通話が出来ることになりま す。  

 3Gのネットワークは遅延が若干大きいという欠点はありますが、通話してみると実用に問題はありません。  IPネットワークでつながっていさえすれ ば、世界中どこにいても内線通話が出来る、というのは東京ガスのIP電話をやったころから実現していたことであり、iPhoneだから出来る、というもの ではありません。 でも、それを実現するアプリがiPhoneだと簡単に手に入る、というところがいいですね。  

 Sさんが使っているのはiSipという115円のアプリです。
http://itunes.apple.com/jp/app/id347525679?mt=8&ign-mpt=uo%3D6

Just use any voip provider, you can make sip call with this application.
You can also setup the SIP server in your own organization, with this application, your iPhone is your extension.

The iSip application works on both iphone and IPod Touch.
With this application, user can make cheap VOIP calls when his/her IPhone or IPod Touch is connected to the internet via WIFI.

Feature Lists:
(1) support SIP calls
(2) support G711 and GSM codec, iLibc and G722 codec for iPhone 3GS

  現在のiPhoneOSではマルチタスクが出来ないため、常時iSipを動かして待ち受けをすることは出来ませんが、次期iPhoneOSではマルチ タスク可能となるのでiPhoneからの発信だけでなく、着信も出来るようになります。  無線LANがあるオフィスではiPhoneユーザは内線電話機 が不要になりますね。


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 
  tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ