間違いだらけのネットワーク作り(640)2010/05/29
「脱獄・iPhone」

  木曜日にNEC社内で行った講演には約200人が来てくれました。  気の毒だったのは会場が狭く、2時 間立ちっぱなしで聴いてくれた人が何人もいたことです。  まあ、話をする私も立ちっぱなしなのですが。  皆さん、何度も笑って、面白そうに聴いてくれ ました。  何人かの人が感想メールをくれたり、情報化研究会への入会メールをくれたりしました。  そのうちの1通には円を2つ描いたスライドを使って 話した「はみだしたところが大事」というのが一番印象に残った、と書いてありました。 自分があつかっている製品は他社と比べて劣っている点もあるが、は み出している点に自信を持って提案したいとのこと。 講演では安藤百福さんや、伊能忠敬の話もしたのですが、聴く人それぞれで印象に残った部分は違うと思 います。 どこかが役に立ってくれると講師冥利につきるというものです。

  24日に公開されたITproのコラム、「Android 端末はiPhone、iPadに勝てるか?」ははやり言葉を並べたため、アクセス数は多かったようです。

         


   7月1日明治記念館講演。 次世代WANへのネットワーク再構築が盛り上がっています。 iPhone/iPadについては提供側ではなくユーザの立場か ら話します。
「〜次世代WAN、 Android/iPhone・iPadで劇的に変わる〜2010年代の企業ネットワーク 」


「脱獄・iPhone」


  昨日、iPadが発売されました。  なんだか、iPhoneやiPadの話題ばかりでツマラン、という気もするのですが、今のIT業界でこれに勝る 話題がないのは事実です。  昨夜は6人が集まった飲み会があったのですが、やはりiPhone、iPadの話題が出ました。  その場にiPhoneは4台ありました。  でも、 iPhoneユーザは2人です。  一人が3台持っていたのです。 いったい3台も何に使うのか、と聞くと、1台は故障時のための予備で、もう1台は○○ で(よく理解出来ず)、SIMカードは1枚しか持ってないそうです。  3台持っている人も、もう一人の人もiPhoneを脱獄させて使っているとのこ と。

  脱獄というのはiPhoneの利用上の制約をはずして、iPhoneのハードとしての性能を自由に使えるようにすることです。  SIMロックは外せ るし、マルチタスクは出来るし、便利な脱獄アプリ(Apple非公認のアプリ)も使える。 ただし、メーカー保証がない行為なので、失敗して問題があった ら自己責任、というものです。  

  Googleで検索すると山のように脱獄に関する情報が出てきます。例えば、
http://freeek.jp/blog/iphone/1165/
http://www.iphooone.com/pukiwiki/index.php?JailBreak%BC%EA%BD%E7
 
  SIMロックをはずしているので、海外へ旅行したときはその国のキャリアのSIMカードを挿して使っているそうです。 SIMロックをはずす手段とし ては脱獄以外に、SIMカードにゲタをはかせる方法もあるそうです。 薄っぺらい基板をSIMカードに装着するのだそうです。

  まあ、とにかくマニアックな人にとってiPhoneというのは面白いおもちゃなんだと分かりました。   iPadの発売に合わせて、ソフトバンク以 外のケータイキャリアはデータ通信カード内臓の小型無線LANルータを一斉に売り始めました。  2年前からこのジャンルの製品はあるのですが、ブレイク した、と言えるほど一般化していません。 iPadがそのきっかけになるでしょうか?  

  将来的には小型ルータなど使わなくても、iPhone、iPadという魅力的な端末をドコモのユーザであれ、KDDIのユーザであれ、自由に使えるよ うになるべきですね。  総務省のSIMフリー政策は結局、全端末強制ではなく、キャリアがSIMフリーにする端末を選択することになりました。 ソフト バンクがiPhoneやiPadをフリーにするわけがないですね。 Appleはどう考えているのでしょう。 電波がいいドコモで使えるようになったら売 上はさらに伸びるだろうに、なぜiPadをSIMフリーにしなかったのか不思議です。

    このコラムを書いているとmixiの最新日記の通知が飛んできました。  ”iPadやばい!”というタイトルです。  さっそく読んでみると、こんなこ とが書いてありました。
(Tさん、無断引用すみません)

「デカくなっただけの威力がまず凄いです。
うまい説明が思いつかないくらい。

動画サイトの映像もえらいキレイです。
パソコンで見る以上の感動があります。

文字などの通常のサイト閲覧については直感的に拡大したいところをピンチすることで、どんどん目の前に迫ってきますから、
パソコンよりもずっと、ストレス無く気持ちが良く見ることが出来ます。

他は圧倒的に動作が速いです。
ソフトキーボードは普通のパソコンのキーボード感覚で打てます。

とにかく触って見るしかないです!」

  うーん、客先プレゼン用に使ってみたいですね。

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 
  tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ