間違いだらけのネットワーク作り(631)2010/03/20
「ICTの発展は社会変革をもたらす段階へ」(講演予告)

  早いもので、京都研究会までと2週間となりました。  土曜日に研究会をしたあと、翌日は花見をするのが 恒例です。  昨年は豊臣秀吉を祭っている豊国神社に行きました。  今年は3年ぶりに清水寺にしようと思っています。  何かと縁起のいいところで、3 年前は一緒に花見をしたバークレイ・キャピタル証券の津坂さんにサービスが始まったばかりのイー・モバイルをネットにつないで見せてもらいました。  こ れがきっかけで、ワイヤレス・ブロードバンドを固定通信に使うことを思いつき、半年あまり後にネットワークを受注したのです。 今年も何か思いつきなり、 発見があることを期待しています。 京都研究会の申し込みは3月31日(水)まで受け付けます。

  3月23日(火)にITproの新しいコラムが掲載されます。  「浅田 選手がキム選手に負けたのではない。 浅田プロジェクトがキム・プロジェクトに負けたのだ」というテーマです。  提案コンペで勝つためにも、 ネットワークやシステムの構築を成功させるためにも、プロジェクト指向が大切です。   プロジェクトとは何か、成功するために何が大切か、について書い ています。

第11回京都研究会のご案 内

「ICTの発展は社会変革をもたらす段階へ」(講演予告)

 今週、京都研究会で講演していただく、総務省近畿総合通信局長の稲田さんから講演スライドが届きました。  スライドから項目を抽出したレジュメを講演 予告として紹介します。

テーマ「ICTの発展は社会変革をもたらす段階へ〜今、ICT業界は何をすべきか」
講師:総務省近畿総合通信局長  稲田 修一氏

○クラウドビジネスへの期待とクラウドで変わること
○情報通信産業のレイヤ別市場規模の推移
○ICTの利活用に関する分野別の偏差値
○日本のICT利用、進んだ分野と遅れている分野
○発展を達成するシナリオ
○今後のICTの発展方向
○クラウドサービスを通じたICT利活用のための施策
○ICT活用事例−農業、観光、医療・健康分野等
○今、ICT業界は何をすべきか

 それぞれの項目の要点を書いてしまうと、講演を聴く楽しみがなくなるので書きません。  スライドを読んで思ったのは、分かりやすく、新鮮だ、というこ とです。  現場指向の私とは違う、高い視点からの講演です。  
  


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。 
  tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ