間違いだらけのネットワーク作り(626)2010/02/13
記事評「フレッツ検証:企業向け品目はどれだけ使えるか」(日経コミュニケーション2010.2.15)

 先日、高田馬場の書店で買おうとして手に入らなかった本、「奇蹟の画家」後藤正治著(講談社)は灯台元暗しで私のオフィスがあるビルの書店にありまし た。  新聞書評を読んで良さそうな本だと思ったのですが、はずれでした。  石井一男さんという49歳まで無名だった画家が、1992年に偶然神戸の画 廊主に見出され、その絵が多くの人を感動させている、という話です。 この本が物足りないのは石井さんはすばらしい人なのでしょうが、その人生があまりに 単調なこと、石井さんの発する言葉があまりに少ないこと、「女神像」と呼ばれる女性の顔を描いた小品を延々と描き続けていてワンパターンに見えること、が 理由です。 最後まで読めませんでした。  作者がページを埋めるために使った手段は石井さんの絵に癒されたり、感動した人たちのエピソードをたくさん集 めるということでした。  口絵にはいくつかの絵が使われていますが、それで何かを感じるかというと、私が鈍いせいか、感じません。  石井さんの本物の 絵を観たら何か感じるのかも知れませんが、この本は買わない方がいいです。

 4月3日の京都研究会で講演してもらう稲田さんの講演概要が昨日届いたので、京都研究会案内に追加 しました。  スケールの大きな話です。  すでに10人ほど申し込みが来ています。 来週土曜日(20日)から申し込みを確認するため会員ページに名簿 を掲載します。 

記事評「フレッツ検証:企業向け品目はどれだけ使えるか」(日経コ ミュニケーション2010.2.15)

 実用的でいい記事ですね。 今やフレッツは企業ネットワークの設計に不可欠のサービスですが、VPNだけでも種類が多くいったい全部でどれだけあるのか 調べるだけでも大変です。 そんな面倒くささを解消してくれたのがこの記事の最大の功労です。  フレッツのことを「IP公衆網」と呼んでいるのも言い得 て妙です。  IPを使っているのですが、PPPoEを駆使して回線交換網的な使い方を実現していることをよく表しています。

 とくに便利なのは拠点間VPNを従来型、NGNベースあわせて一覧で解説してくれたことです。  これを見ると「さあ、今度設計するネットワークにはど れが適しているかな」と考える際に役に立ちます。 この記事であたりをつけて、細かいことはNTT東西のWebを調べればいいのです。

 この記事に書かれているように「フレッツ・VPNワイド」はこれからの主流になると思います。 31ページのまとめではプラン10(最大10拠点)と 30の利用が多いと書いていますが、本来は100拠点、1000拠点といった多拠点ネットワーク向けです。 拠点側の費用が「フレッツ光ネクスト+参加者 費用」合わせて、月7000円あまりと安価なので拠点が多いほど有利なのです。 今はまだ大規模ユーザが従来サービスの「フレッツ・オフィスワイド」を 使っているので大規模事例が少ないのでしょう。 光ネクストが基本ですが、NGNが使えないエリアではBフレッツやフレッツADSLも使えるので現時点で 全国をカバー出来ます。

 ただ、残念なことに1か所基本的なミスがあります。  29ページの図1−3のフレッツ・VPNワイドの料金が間違っています。  このサービスでは VPN管理者はNTT東エリアと西エリアにそれぞれ必要です。  さらに、東西接続サービスも、接続料を東西ぞれぞれに払う必要があります。  「VPN 管理者」と言えば、ふつうユーザ企業で1か所あればいいと思ってしまうし、東西接続もまさか東と西に別々に払うとは思いません。 専門誌の記者でも間違う のですから、「分かりにくい」ということです。 NTTが東と西に分かれていることの弊害ですね。

 図1−3の例では東日本に3拠点、西日本に2拠点あるので、正しくは次のようになります。

NTT東日本
NTT西日本
合計
VPN管理者
1890円×1拠点
1890円×1拠点
VPN参加者
1890円×2拠点 1890円×1拠点
東西接続サービス
31500円
31500円
合計
37170円
35280円
72450円
上記に加え、フレッツ光ネクストの料金(東5460円、西4970円)が必要です。
プラン10ではVPN管理者と参加者の料金が同じですが、プラン30以上では管理者の料金が
参加者より高くなります。

 拠点数が少ないと東西接続サービスの比重が大きくなって1拠点あたり12000円以上(72450円÷5)になります。  しかし、東西とも10拠点あ れば料金は10万800円となり、拠点あたり5000円ちょっとで済むことになります。   拠点数が多くなると東西接続料が高くなりますが、それでも拠 点単価は安くなります。 フレッツ・VPNワイドが多拠点ネットワークに適する所以です。
 


*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。

   tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp

ホームページへ