間違いだらけのネットワーク作り(621)2010/01/09
「Twitterは企業で使えるか?」

 
年末年始の休暇後の最初の1週間はあわただしく過ぎたようでもあり、長かったようでもあり、時間感覚がちょっとふだんとズレた5日間でし た。  来週からは元に戻るでしょう。
昨年の京都研究会で講演してくれた稲田さん(総務省近畿総合通信局長)が年賀状で今年の京都研究会での講演も申し出てくれたので、さっそく研究会全体のプ ランを考え始めました。
 稲田さんがAndroidの話を聴きたい、ということなので、Androidのスピーカーを今週依頼しました。  日本語に堪能なドイツの人です。   私もAndroid端末 vs iPhoneに興味があるので講演を楽しみにしています。 スピーカーは私、稲田さん、ドイツ人のMさんの3人です。   研究会全体の統一テーマ、各スピーカーのテーマは2月初旬に発表します。  開催日時は4月3日(土)13時から17時です。 


「Twitterは企業で使えるか?」


 2007年に米国で誕生したTwitterは日本で もかなりユーザを増やしているようです。  mixiなど従来のSNSをもっとシンプルにした「ゆるい」コミュニケーション・ツールと言えるでしょう。  ゆるい理由はふつうのコミュニケーション・ツールは相手からの反応を期待するものですが、Twitterでは情報の発信者は誰が読んでくれるのか特定する ことさえ出来ず、反応があるかどうかも分かりません。
 ただ、「今何してる?」という問いに140字以内の「つぶやき」を書き込むだけ。  鳩山首相が1日からTwitterを始めたそうですが、鳩山さんの つぶやきを読むためにはTwitterユーザにならなくても、鳩 山さんのホームを見ればふつうのWebと同じように読むことが出来ます。  Twitterユーザになり、鳩山さんのフォロワーとして登録する と、鳩山さんが書いたつぶやきがリアルタイムに自分のホームに表示されるようになります。  新聞社の多くもTwitterを使っており、たとえば朝日新 聞のフォロワーになっておけば、刻々と書きこまれるニュースをパソコンやケータイの画面で見ることが出来ます。 それにしても、鳩山さんとTwitter という取り合わせには違和感を感じますね。
 いわば、Twitterはショートメッセージを使った「放送」と言えるかも知れません。 自分の仲間や家族、自分に関心を持っている人に対して、リアル タイムにメッセージを配信し、時に誰かから反応を受け取ることで「つながり」を保つのです。  楽しみとしてTwitterを使う個人はこれからも増える でしょう。  では、企業でかつて社内SNSが流行したように、社内Twitterは「有用なものとして」使われるでしょうか?
 先ず、インターネット上のTwitterをそのまま使わせる企業はないでしょう。 私の会社でもイントラネットからTwitterにはアクセス出来ませ ん。  それはそうですね、1日中Twitterの画面をながめてムダな時間を使われては企業としては大変な損失を被るし、社内の情報を外部に流されても 困ります。  可能性があるのはイントラネット内部で使うTwitterがコラボレーション・ツールとして有用かどうかです。 
 すでにSalesForce.comは昨年11月、社内版Twitterとも言えるChatterを発表しました。  2010年からCRM機能に組み 込んでサービスするそうです。  そのうち日本でもSalesForceをありがたがる企業が使うことでしょう。
 従来の社内SNSも、これから出てくる社内Twitterも、「利」はあるでしょう。 しかし、同時に「害」もあります。 害を無視できるほどの利が得 られるかどうか、が社内Twitterをやるかやらないかの判断ポイントになります。 これからの面白い研究テーマです。
 ちなみに、私はTwitterを2カ月弱試して、登録削除しました。  どこの誰だか分からない人にフォローされるのがいやなのと、四六時中 Twitterの画面を見る気がないからです。

(追記)このコラムを書いた2、3時間後に、情報化研究会のAさんからmixiでメールが届きました。  mixiもめったにログインしないのですが、A さんからのメールには面白いことが書いてありました。  Twitterをインターネットでそのまま使わせる企業はない、と書きましたが、ソフトバンクで は孫社長が全社員にTwitterを使うよう命令を出したそうです。  たしかに、iPhoneとTwitterの相性はいいので、どこにいてもつぶや けるし、リアルタイムでフォローできます。  iPhoneを売るためのつぶやきを社員全員で発信しま くるのかも知れません。 おんも白いですね。  6月の株主総会ではTwitter利用の成果を発表するそうです。 
 

*ここに書いてあ ることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。

   tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp

ホームページへ