間違いだらけのネットワーク作り(577)2009/02/21
講演予告「オープンソースの活用、データセンターに注目

 昨夜はめずらしく新宿三丁目で食事をしました。  友人がネットで予約してくれた店に3人が集まったのですが、予約した本人も初めての店でした。   Webで見る限りはきれいそうな店で、私は地図をプリントして現地に行きました。  場所は分かりやすい角地なので、店の入っているビルはすぐ見つかりま した。  一瞬、「間違っていればいいのに」と思ったのですが、しっかり看板が出ているので間違いありません。  ビルは古くて、汚れていて、狭くて、エ レベータもありません。  その店は4階なのですが、1階から3階まではあやしげな飲み屋が入っています。  

 店に入るとテーブル席が10席あまり、狭苦しく並んでいました。  私が一番乗りだったのですが、後から来た二人も表情に落胆がはっきり表れていまし た。  料理の味はまあまあなのですが、盛り付けがズサン。  すべての料理を3人分、一皿に盛って、取り分けるのです。  中華じゃないんだから、一人 5000円(飲み物別)も取るのだから、と思ったのですが、後の祭りです。 でも、話ははずんで、4時間あまり楽しみました。  ワインを3本空けました が、アルゼンチンのワインがめずらしく、味も良かったです。  帰りは店の女性が1階まで送ってくれましたが、二度と来ることはないでしょう。 

 23日月曜日にITproの新しいコラム、「Gmailのメー ルボックス25ギガバイトは有用か?−メール再考」が掲載されます。   情報化研究会の方に協力してもらった、メールボックス容量についてのア ンケート結果や、入社以来10年以上メールを貯めこんでいる人の面白いエピソードなど、メールの使い方を再考する上で参考になると思います。

 
講演予告「オープンソースの活用、データセンターに注 目

 
3 月12日講演「常識を捨てて考えるIT基盤と企業ネットワーク」まで3週間になりました。 今日は講 演予告をします。 積水化学の寺嶋さんは「積水化学のIT費用削減に向けての取り組み」というテーマで講演しま す。  積水化学さんの特徴はベンダーの言うことや、世間の流行にまどわされず、自分の考えとポリシーで物事を決め、実行していることです。  当たり前 のようですが、大企業ではめずらしいことです。  ERPが流行れば、猫も杓子もSAPを導入する。  メールと言えばExchangeかNotesでも 使っておけばいいだろう、というのが普通の大企業ではないでしょうか?  積水さんはその対極にあります。  特に今回の講演で注目していただきたいのは データセンターの移転です。  積水さんは今年の正月に基幹系のデータセンターを都市部から遠隔地に移転しました。  サーバの台数は約700台。  そ れを一気にトラック10台で移設したのです。  この大プロジェクトの狙いと、成功要因を是非、聴いてください。

 私の講演は「常識を捨てて考える企業ネットワーク」というテーマで、コミュニケーション、コラボレーション、グ ローバル・プロキュアメントという3つの目的を実現するために、これからの企業ネットワークをどう考えれば良いかお話します。  特にポイントを置きたい のはオープンソースの活用です。  JTBさんが導入を検討している有償版Gmailと、私が積水化学さんと推進しているオープンソース・ベースのメール /グループウェアをコスト、機能の両面で徹底比較します。  JTBさんが有償版Gmail、MS Exchangeをグループ13000人で5年使った 場合の費用を公表しています。 同じ13000人をOSSベースのメール/グループウェアを使うと費用がいくらになり、その内訳がどうなるか、機能面の優 劣はどうか、といったことを検証します。

 さらに、先週の記事、
「見積もり2億 円のIP電話を820万円で構築?」で取り上げた、秋田県大館市役所が使ったオープンソースのIP電話サーバAsteriskについても正確な費 用を検証します。 先週の記事に書いたとおり2億円と820万円は比較の土俵が違い過ぎていて、参考になりません。  電話機台数500台の規模で、通常 のIP−PBXだと機器、工事、保守などの費用がいくらになるのか、モデルで試算したものと、Asteriskを使った場合を比較します。  その上で、 IP−PBXをプロにまかせて使う場合と、Asteriskをアマチュアが使う場合の利害得失を費用以外も含めて論じたいと思います。

 もう一つ、光ファイバーの代替としてイー・モバイルの定額無線通信を1年運用して来た実績についても紹介します。 ワイヤレス・ルータにデータ通信カー ドを装着し、24H365D、ワイヤレス・ブロードバンドを常時接続で使うと稼働率はどの程度出るか?   ちなみに光ファイバーだと99.99%です。   イー・モバイルでは89%、94%、99%のいずれかが正解です。 さて、正解は何%か?  固定通信でワイヤレス・ブロードバンドを使う場合の留意 点は何か、について解説します。

 *ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら下記メールへお知らせください。
   tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp


ホームページへ