間違いだらけのネットワーク作り(569)2008/12/27
「2008年ネットワーク記事アクセスランキング」

 昨日は例年より2日早い仕事納めでした。  夕刻から職場での簡単な飲み会があり、7時前には会社を出て冬休み中に読む本を買うため書店へ行きました。   これと言った本はなく、しかたないなあ、という感じで2冊買いました。 2冊とも文芸書で、間違っても技術書ではありません。 長い冬休み、特段の計 画はないのですが、1月30日、2月4日、4月4日とプレゼンや講演をするので、ちょっと勉強して新しいアイデアを考え、スライド原稿を作らねば、と思っ ています。 ふつうの人には仕事になるのでしょうが、楽しみとしてやっているので仕事ではないのです。

 22日月曜日にITproに掲載された「あな た、『3手 先』を考えていますか?」はライバル記事が少なかったこともあり、アクセスランキングは高かったです。 

    

  
 
「2008年ネットワーク記事アクセスランキング」


 
12月26日にITproのネットワーク分野のアクセスランキングが掲載されました。 

ITpro ネットワーク記事年間アクセスランキング

 
上位20のうち75%がケータイ関係、しかもその3分の2がiPhoneという結果は、ネットワーク業界としてはさみしい限りです。  話題だ けで売れ行きはさえなかったiPhoneがランキングを独占しているのは、他がさらにダメだったということです。  とくに3月にサービス開始したNGN がまったくランクインしてないのは残念なことです。  サービスエリアがまだまだ狭いので、話題になりようもなく、なったとしても使えないのでは注目され ない方がいいのかも知れませんが。  

 ただITproのランキングに入らなかったからネットワークの世界で注目されてない、あるいはニーズが盛り上がっていない、ということになるのかな、と いう疑問があります。 注目されていても、需要があっても、記事として書かれなければランクインしようがないからです。  たとえば、「イー・モバイル、 UMPCと定額データ通信カードで大躍進」という記事を書いたら、ランクインしたかも知れません。 

 イー・モバイルはケータイの新しい市場、鉱脈を掘り当てたと思います。 今やケータイは通話では1日3分しか使われず、インターネットに接続してWeb 検索やゲーム等のダウンロードに使っている時間が1日1時間を超えるユーザーが多くなっています。  電話なんぞに注力せず、ほぼデータ通信専用、という コンセプトでサービスを考えたところに先見の明がありました。 そこへ5万円ノートPCが登場したのはラッキーでした。  これまでのケータイ端末と同じ 値段で操作性がよく、大きなディスプレイがついたPCが手に入るようになったのです。

 今は個人利用が多いでしょうが、2009年は企業での利用が増えるのではないでしょうか。  私もUMPCは欲しいのですが、1点気に入らないのは小さ いくせに重いことです。 LetsNoteなどのPCが900g台なのに、5万円ノートは1Kgを超えています。 大きさに比例して重さも減ったら、もっ と売れると思います。
  
イー・モバイルの契約数推移(電気 通信事業者協会HPより引用)


 固定系ネットワークの話題は本当に乏しいですね。  2009年はNGNが離陸して少しは話題になるのでしょうか?  それともWiMAXや次世代 PHSの登場でさらにモバイルの世界がにぎやかになるのでしょうか?  ケータイの世界の中ではドコモ、ソフトバンク、au、イー・モバイルという3G陣 営に対して、WiMAXや次世代PHSは経営が成り立つ程度にユーザーを獲得できるのでしょうか?  ウィルコムの契約数の停滞を見ると、ちょっと心配で すね。


ホームページへ