間違いだらけのネットワーク作り(565)2008/11/29
「”ひかりソフトフォン”は面白い」

 火曜日の夜中に大学3年の三男が騒いでいるので何事かと起き出してみると、ネットで英検1級の合格発表があり合格したので喜んでいたのでした。  語学 が得意なのは分かっていましたが、海外生活の経験があるわけでも、英会話学校に通ったことがあるわけでもなく、学部も英語とは関係ない政治経済なのに、 まったくの独学で初めての英検に合格してしまったのには驚きました。 2次の面接試験はうまく行かなかったと聞いていたのですが、面接官の言っていること はよく理解していて、それなりに反応を返したようなので、可能性はあるのではないかと思っていました。  合格ラインぎりぎりで受かっていました。

 実は私も久し振りに英語を勉強し直しています。  95年−96年頃はMARATHONというフレームリレー製品をVoice over  FrameRelayのメインの製品として使っていました。 日本に現地法人がなかったので、アメリカ本社やシンガポール支店と直接国際電話でやりとりし たり、エンジニアに来てもらったりしていたのです。 しかし、その後海外製品を使っても日本に現地法人があるため、自分で英語を話す機会が激減しました。   今また「グローバル・プロキュアメント」の企画を具体化しようとしているため、データセンターやクラウドの情報を集めています。  これらの情報は日 本のWebサイトには乏しく、アメリカに膨大な量があります。  データセンター専門Webサイトでメルマガに登録すると、毎日のように WhitePaperが送られて来ます。 これらを読んだり、海外のベンダーと会話するために英語をブラッシュアップしようと言うことです。  

 これまで国内だけでいいビジネスをして来たのですが、ケータイやPCなどあらゆるモノがそうであるように、企業ネットワークもグローバル対応をしなけれ ばビジネスが広がる余地はなくなって来ました。  

「”ひかりソフトフォン”は面白い」

 
最近、NGNのニュースがないなあと思っていたらNTT東西から11月27日に「ひかりソフトフォン」の ニュースリリースがありました。  これは面白いですね。  私は以前からソフトフォン推進派です。 IP電話 普及状況 間違いだらけのネットワーク作り(490)にはこう書いています。

 ”ソフトフォンのいいところは、高価なIP電話機が不要、PCのLANがそのまま使えるのでLAN配線が不要、ハンドセットはUSBでPCに接続するの で追 加の電源や高価な給電スイッチングハブが不要、インストールが簡単なのでエンドユーザーがセットアップできるため工事料が不要。 このため、IP電話の大 きなネックだった導入コストが大幅に安くなります。 さらに、デカイ据置型IP電話機についている中途半端なディスプレイと違って、PCのディスプレイを 使ったテレビ電話やテレビ会議ができるソフトフォンもあります。”

 私の関心は電話にはまったく向いていません。 繰り返し書いているように「ビジネスにおける固定電話の利用は2002年から2007年の6年間で約 70%減少した。(70%に減少したのではなく、70%減って30%になったのです) また、ケータイが通話に使われるのは1日3分でしかない。  コ ミュニケーションの主体はメールになり、電話は使われなくなったので、IP電話や電話の効率的利用に主眼をおいたユニファイド・コミュニケーションに投資 するのは大間違い。」というのが私の考えです。  現実がこのとおりになっていると思います。

 しかし、利用が激減しても電話は必要です。 PBXが壊れそうなくらい古くなったら、なんとかしなければいけません。  そこで私が提案するのが、「ソ フトフォンを使って、格安なIP電話システムをやりましょう」ということです。  上記の引用にあるようにIP電話が高コストである元凶だった、高いIP 電話機が不要、給電スイッチングハブも不要、電源コンセントの追加も不要、新たなLAN配線も不要、工事も不要。

 このソフトフォンをNTT東西がフレッツ光ネクストのユーザーに無料で提供すると言うのです。  おそらく光ソフトフォンはフレッツのIPv6アドレス にしか対応しておらず、外線電話にしか使えないのでしょう。  これにイントラネットのプライベートIPアドレスを使って内線電話をかけられる機能を追加 すれば、すばらしいIP電話になります。  企業がPBXを持つ必要がなくなるのです。 技術的にはまったく簡単なことです。  パソコンにはカメラもハ ンドセット(あるいはヘッドセット)もつけるわけですから、外線だけで使うのはもったいないことです。

 光ソフトフォンが普及して、「超低コストな企業向けIP電話」が登場することを期待します。  


ホームページへ