間違いだらけのネットワーク作り(562)2008/11/08
「Googleトレンドで見たネットワーク業界(その2)」

 先週の土日は予定通り、岡山県備前市へ行き、第31回情報化研究会「国宝・閑谷学校で考えるネットワークの未来」を開催しました。  いつもながら快晴 に恵まれ、目当ての楷の木の紅葉がいっそうきれいに見えました。  この楷の木、昨夜9時からのNHKニュースの最後にライブ中継で放送されました。 昨 日からライトアップが始まったのです。  ライトアップを現場で見たくなりました。 本当は今週末に研究会をしたかったのですが、8月時点で研修センター が予約で一杯で取れなかったのです。 皆さん考えることは同じで、ライトアップの時期に来たいのですね。

 研究会の様子やそこで考えたことはITproのコラムでご紹介します。 原稿は今日書きました。 たぶん、11月17日(月)に掲載されると思います。  会員のTさんが一眼レフのデジカメで撮影してくれたきれいな写真を3枚使います。 コラムには書かなかったことをちょっと書いておきます。  閑谷学校 に隣接する岡山県青少年教育センターに泊ったのですが、中学生・高校生向けの施設なので、質素そのものでした。  BTのキムさんは洗面所でお湯が出ない ので驚いたようです。  食事は給食レベルですが、料理が冷めているので、それ以下かも知れません。  最後に食べたカレーが普段食べているものより味は 落ちるのに、とても美味しく感じました。  あんまりおいしそうに食べているので、Tさんが「おいしいですか?」とあきれながら写真を撮ってくれました。   本当においしかったのは特別に許可をもらって持ち込んだワインです。 Googleで調べておいた岡山駅前の酒屋さんで買ったのですが、ここには数 百本はある立派なワイン・セラーがあり、1種類3本づつで4種類、計12本買ったワインはどれも満足の行く味でした。 特にローヌの重い赤がおいしかった です。



「Googleトレンドで見たネットワーク業界(その2)」

 
先週はGoogleトレンドの使い方もよく調べないうちに、あわただしく研究会に出かける前夜にこのページを書きました。  ありがたいこと に、HPの掲示板にGoogleトレンドの使い方を書いてくれた方がいたので、それを参考にもう一度、トレンドを見てみました。  前回は各キーワードの トレンドを単独で見ましたが、キーワードをカンマで区切ることで比較が出来るのですね。 
○キャリアのブランド力 (?)の比較

 

  
au はブランド力が強いのですね。  対してKDDIはとても弱い。 同じ会社で2つブランドを持たなくても、auだけでいいかも知れませんね。 ソフトバン クはコマーシャルで目立っている割には注目度が低いのが意外です。

 

○iPhone vs  Android


 注目度ではiPhoneが圧倒的ですね。 Androidは日本で端末の販売が始まっていないのが注目度が低い原因でしょう。 iPhoneは下がり気 味の注目度を上げて、売れ行き不振を打開しなきゃいけませんね。  


○NGN、ユニファイド・コ ミュニ ケーション
 


 
 日本語で3つのキーワードを比較すると、あらためてユニファイド・コミュニケーションの注目度の低さが分かります。 フレッツはコンシューマーだけでな く、広く法人にも使われているので注目度も高いですね。 
 
 試しに英語版でテレコミュニケーション分野に限り、ユニファイドという短いワードにして検索して見ました。  結果は変わりませんね。  ちなみに対象 地域を米国にしても同じです。


○トレンドをどう活かすか?

 ユーザーに必要とされない商品やサービスは、一時的に注目されてもすぐ忘れられるのは当たり前です。  ユニファイド・コミュニケーションに限らずニー ズと遊離したコンセプトはさっさと見切りを付けて、実需のあるアイデアを打ち出すべきですね。 

 トレンドを見ても、他に先駆けることは出来ません。 過去を振り返って成功しているのか、見切りをつけるべきなのか、の判断には使えても、新しいアイデ アを生み出すには役立ちません。 「これからどうなるか、何をすればいいか」は自ら考えるしかないですね。


ホームページへ