間違いだらけのネットワーク作り(559)2008/10/18
「データセンターにまつわる数字」

 昨日、有明ワシントンホテルで、「3.0時代に突入した企業ネットワーク」というテーマで2時間講演し、その後、1時間、日経コミュニケーション編集長 の松本さんとパネルディスカッションをしました。  真ん中の列にすわっていた数人の男性が面白そうに笑いながら聴いていたので、とても話しやすかったで す。  アンケートに皆さんがどんな感想を書いてくれているか楽しみです。 講演内容のエッセンスは「おいしい企業ネッ トワーク作りのポイント、知っていますか?」というテーマでITproのコラムにまとめました。 10月20日(月)に掲載されます。

 11月1、2日の研究会「国宝・閑谷学校で考えるネットワークの未来」は申込が定員の20名に達しました。  ゼミナール形式でにぎやかにディスカッ ションするのを楽しみにしています。

「データセンターにまつわる数字」

 さて、今週は昨日の講演の中で使ったデータセンターに関するスライドを2つ紹介します。




 1枚目のスライドを書いてあるとおりなので、解説しません。  さて、2枚目のスライドはクイズですが、正解が分かりますか?
ちなみに、ニューヨークはデータセンターの料金が米国内で一番高く、地方のおよそ2倍です。
 データセンターの料金やその根拠は闇の中です。  それを白日にさらして、データセンターがどこにあるべきかを検討すると
国内にしか拠点がない企業であっても、単純にデータセンターを国内にすべきではないと分かるのです。

 ネットワークを使えば、データセンターも、電力も、ソフトウェアやサーバーも世界中から簡単に調達できる。 
それが、グローバル・プロキュアメントというネットワークの第三の目的なのです。 ちなみに、コミュニケーション、コラボレーションが
1つめと2つめです。

(クイズの正解:BB@)



ホームページへ