間違いだらけのネットワーク作り(542)2008/06/21
「TTC2MとDS1を接続する」

 このクールのドラマは豊作で金曜10時のAround40(天海祐希主演)、水曜10時のホカベン(上戸彩主演)、土曜9時トップセールス、同ごくせ ん、を熱心に見ました。  アラフォーは2002年の「利家とまつ」(佐々成政の妻、はる役)以来、天海祐希のファンなので見始めたのですが、やはりさっ そうとした役が似合っていました。  シナリオは今一つで特に最終回の終わり方はなんだかなあ、という感じでした。  上戸彩はきらいな女優だったのです が、ふと見始めたホカベンは新人弁護士の懸命さがけなげでよかったです。 

 6月16日(月)、ITproに掲載された「Notes をオー プンソース・ベースのグループウェアで更改−京葉ガスのコンバインド・コミュニケーション」は予想ほどのインパクトはありませんでした。 内容が ワイヤレスWANと、Notesのリプレースの2つあるため、どっちをテーマにしようか迷ったのですが、Notesの引力はさほど強くなかったようです。

      



「TTC2MとDS1を接続する」

 さて、今日は何年かぶりに音声系の話題です。  私が注力しているコンバインド・コミュニケ-ションはネットワーク機器ベンダーが売ろうとして いるユニファイド・コミュニケーションが音声系を中心にしているのに対し、激減した音声通信は放っておいて、メール/グループウェア中心にエンタープライ ズ・サーチ、Web会議、ストレージ・サービスなどをWeb上で使いやすく組み合わせ、情報生産性を高めるのが特徴です。

 なので、PBXは使えるかぎりそのまま使い、どうしても更改が必要なら安価なIP電話か、新しいレガシーPBXに更改する、というのが音声系のポリシー です。 ITproのコラムに書いたように、PBXには停電対策がしやすく、災害時優先電話が収容できるというメリットもあります。

 PBXをそのまま残して内線網を組む場合、PBXをVoIP−GWでIPネットワークに接続します。  内線チャネル数の多い拠点でよく使われるのが日 本独自標準のTTC2Mです。  これは名前のとおり2メガのデジタル回線で、64キロの音声チャネルを30本多重接続できます。  DS1、T1は欧米 標準で1.5メガの回線で24本チャネルを多重化するインタフェースです。

 国産のPBXはTTC2Mを持つGWと簡単に接続できます。 しかし、日本の企業でも外国製PBXはけっこう使われており、それはTTC2Mを持たない ためDS1、T1でGWに接続せねばならないケースが出てきます。  国産GWにはDS1がないため、DS1とTTC2Mのコンバーターを使って接続しま す。  最近、この接続の試験をしたところ、なかなかうまく行かず、情報化研究会でPBX技術に詳しいAさんにアドバイスをもらいました。  下記のメモ がそれです。  このメモを全部理解できる人がこのページを読んでいる人の中に何人いるでしょうか?  たぶん、Aさんを含めて2、3人でしょう。  私 には無理です。 

 GWの技術者とPBXの技術者がともにこのメモの内容が理解でき、インタフェースのすり合わせをし、GW、コンバーター、PBXの設定が出来ないとGW とPBXはつながりません。  IPは簡単につながるので物理層、データリンク層、ネットワーク層の心配は不要でケーブルを挿せばつながってしまいます。  しかし、レガシーな音声系はメモのとおり物理レイヤから上位のシグナリングまで理解してないとつながらないのです。  でもこの世界を知っている技術者 はとても少ない。 PBXはNGNがどうなろうが、確実に10年は残ります。 PBX技術者を大事にしなきゃいけませんね。 

 ちなみにAさんの助言もあって、GWと外国製PBXの接続は無事成功しました。  GW側、PBX側ともに「分かる」技術者が対応した結果です。

Aさんからのメモ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0 はじめに
DS1はANSIで定義されており、24本の64kbps回線(DS0規格)を多重化した、伝
送速度1.5Mbps(正確には1.544Mbps)のディジタル専用線規格を指します。
したがってDS1で音声の接続をするといった場合は、T1と同じと考えること
が出来ます。

T1の音声回線をT1-TTC-2Mコンバータを使用して接続する場合、確認する一
般的な接続条件(個別線)はつぎのとおりです。


1 T1伝送設定
・ T1符合形式:B8ZS / AMI
・ T1フレーム形式:24MF(ESF) /12MF(SF)

2 クロック
・ T1パッケージのTA、TBから対向機器へクロックの供給の可否
・ クロックモード:Internal / External

3 シグナリング
・ T1-CAS(個別線)かT1-CCS(共通線)か
・ 個別線の場合、動作モードはE&Mか(T1ではFXS、FXOも可能です)

4 個別線シグナリング
1) T1-CAS(E&M)のシグナリングビットの定義


2) 起動方式
・ ウィンクスター方式、タイミングスタート方式、イミディエイト方式
・ WINK方式が可能な場合、WINKパルス幅および起動されてからWINKパルスを送
出す
るまでの待ち時間

@ PBXからGWを起動する場合

                       +----------------------
                       |
     PBX->GW  SS  -----+

                                +-------+
                                |       |
     PBX<-GW  SR ---------------+       +-----

                        |<--a-->|<--b-->|

        aの許容範囲(時間):
        bの許容時間(時間):

A GWからPBXを起動する場合

                                +-------+
                                |       |
     PBX->GW  SS  --------------+       +------

                        +----------------------
                        |
     PBX<-GW  SR -------+

                        |<--c-->|<--d-->|

        cの許容範囲(時間):
        dの許容時間(時間):

3) 選択信号
送受するダイヤル信号としてどれが使用可能か
PBとそのインターバル、DPとpps


5 物理的な接続
DS0(T1)側のTA,TB、RA、RBとTTC-2M側(DB15)の接続が正しいかどうかは、各機器
側の仕様と照らし合わせてください。


ホームページへ