間違いだらけのネットワーク作り(475)2007/03/03
「太るインターネット、細る電話」

 今日はひな祭りですが、嫁さんの誕生日でもあります。  いつも家族5人でお祝いをするのですが、今年は三男が2週間前から一人でメキシコ旅行に行き、長男が昨日からハワイへ行ったため、3人での祝いとなりました。  三男は親の心配をよそにすっかりメキシコを楽しんでいるようで、昨日は日本料理店の店主やメキシカンに連れられて島へ泳ぎに行ったそうです。 休日でもないのに遊び相手をしてくれるメキシコの人は親切なのか、仕事ぎらいなのか。 

 月曜日にITproに掲載されたコラム、「ただ一つの正解などない」はアクセスランキングは強力なライバルがいて1位にならなかったのですが、フィードバックの結果は上々でした。 表題から内容が想像できないのがまずかったかな、と思います。 


 

「太るインターネット、細る電話」

 毎年この時期は新規開拓のため、たくさんの企業を訪問します。 その中で、お客様から面白い話を聞けるのを楽しみにしています。  今週はその中から2つの話を紹介します。
先ずは太るインターネットと細る電話。  先日の記事でも紹介したとおり、音声通信はどんどん減少しています。 固定電話のビジネス通話は2001年に全国で9億6000万時間だったのが、3年後の2004年には4億8000万時間と半減。 今は2007年ですから、さらに激減しているでしょう。 メールによる情報伝達やWebでの情報共有、さらにはWeb会議・TV会議によるコラボレーションによって、電話というものの必要性が減っているのです。

 その一方で、今、ネットワークで何に困っていますか、とあるお客様に聞いて答えられたのが、「インターネット接続回線のトラフィックが増えて、どんどん太くしている。 何とか安く、広帯域にする方法がないですか」というものでした。 メールの数が増え、1通の大きさが大きくなっているのも要因でしょうが、それ以上に仕事に必要な情報を集めるためにネットを使う機会が増えているのでしょう。 企業のインターネット・トラフィックの内訳が分かる統計があると面白いのですが、見つかりませんでした。 今後、社外と接続したWeb会議や、SalesForceのようなSaaSの利用が増えるとますます企業のインターネット・トラフィックは増えるでしょう。 そこで思ったのが、企業がインターネットを安く、快適に使えるようにするためにNGNのISP接続サービスは何か配慮がされているのだろうか、ということです。

 NGNトライアルでのISP接続メニューはベストエフォートだけです。 具体的なサービス・メニューや料金はまだ不明です。 しかし、将来、NTTによるISP接続サービスがNGNに1本化されるのなら、現在よりはるかに快適に、安くインターネットが使える内容になるべきです。 ISP接続のNGN網内の仕組みがどうなるかも不明ですが、インターネット自体がベストエフォートであっても、インターネットに接続されるまでのNGN網内がすでにベストエフォートで、NGN網内のふくそうのためにネットの利用が不自由になるのでは困ります。 ユーザーからインターネットの接続点まではNGN網内でしっかり帯域を確保する、というサービスもあるべきです。 「次世代」と銘打つからには現在のBフレッツやフレッツADSL、あるいは専用線接続と比較して、安く、速くネットが使えるようになるのを期待するのは、ユーザーとしては自然なことです。 その期待を裏切らないで欲しいものです。  こんなことは今さら言わなくてもISP事業者は要望しているのでしょうね。 していないとすれば、のんきなものです。

 もう一つの話は「プライドを失った国産メーカーの話」です。 私の推進するネットワーク・リストラは脱・専用線、脱・ブランド、差別化ルーティングの3つを実施し、ネットワークのコストカットと広帯域化を実現するものです。 2番目の脱・ブランドについて、あるお客様が面白いことを言いました。 「国産メーカーは自社で生産しているルータを提案せず、外国のブランド品を提案して来ますよ。 自社製品の優位性をアピールすることなど、ついぞありません。」  東京ガスさんや積水化学さんなどで、ブランド品を捨て、国産品でリストラした事例を紹介した後、おっしゃったことです。 情けないことですね、国産メーカーさん。 自社製品をお客様に勧められないメーカーなど、存在価値があるのでしょうか?

 先のコラム、「ただ一つの正解などない」にも書いたとおり、日本では唯一指向、ブランド指向、外人指向が強いのですが、実際、大規模ネットワークで使って何の問題もない実績があるのですから、国産メーカーはもっと自信を持って自社製品を売ったらどうなのでしょう? エッ、自社製品を売っても安くて儲からないからイヤ? メーカーやめたらどうですか。
 

ホームページへ