間違いだらけのネットワーク作り(345) 2004/08/28
記事評「SIP GoesPrime Time」

先週訪れた高山で珍しいものを見つけました。 つり銭の中に交じっていた昭和34年発行の稲穂がデザインされた百円銀貨です。 百円銀貨なんてコレクターが持っているもので、流通するものとは思ってないのでびっくりしました。  さすがに山の中、と言ったら飛騨地方の方にしかられるでしょうか。 45年間もグルグルと山の中を回っていたのです。 とうとう私が記念に持ち帰ったので、動きが止まってしまいました。 

記事評「SIP Goes Prime Time」(Network Magazine 8/1)

米国でもMGCPがすたれてSIPが主流になりつつあることは以前書きました。 そのSIPについての記事がNetworkMagazineに掲載されたので紹介します。  長い記事の中で興味を持ったのは次の2つのパートです。 文章は途中を削除している部分があります。

先ず一つはこのHPにも書いたBack-to-Back 方式とPeer−To−Peer方式の比較です。 コスト、セキュリティや信頼性、故障時のセッションへの影響、適用性といった点でB−B方式よりP−P方式が優れている、と主張しています。

"The solution for most PBX vendors has been to introduce a SIP migration strategy hinged around a type of SIP server called the Back-to-Back User Agent (B2BUA). A B2BUA, or what would be called a proxy server in the non-SIP world, acts as two UAs, one mimicking the receiver, and the other the sender.

By contrast, many SIP-only vendors implement SIP proxy servers (not to be confused with more generic proxy servers). With SIP proxies, the SIP signaling flows directly between the two UAs.

In practice, the B2BUAs provided by PBX vendors tend to be more expensive to implement than SIP proxies, in part because of their architecture. Since SIP proxies can step out of the signaling stream after call setup, they can maintain less state information about the session than the B2BUA. As such, SIP proxies require less hardware than a B2BUA and can scale to support far more UAs given identical platforms.

Security and reliability are other areas where SIP proxies may be better. Since B2BUAs rewrite the packet's innards, they represent a potential vulnerability. SIP proxies, on the other hand, only manipulate the information exposed in the SIP header.

A B2BUA's failure is also more crippling than a SIP proxy, impacting all calls going through the box. With a SIP proxy, failure only affects new calls. Existing calls or calls to devices whose addresses have been cached are unaffected.

Finally, SIP proxy servers are more adaptable than B2BUAs. Since B2BUAs interrupt the media session, a UA's features and functions won't work if they aren't supported by the B2BUAs. This means that a vendor's telephones may appear not to work with one another if they implement features differently than the B2BUA. Not so with a proxy, where the UA negotiates session features directly."

もう一つは”Liberty−based Implementation”という言葉。 面白いですね。 この記事全体の論調がSIPをベースとしたオープンなIP−Telephonyを推奨しているのですが、こうまでハッキリした表現を見るとうれしくなります。 私は「特定のベンダーの世界でしか考えられない」、「選択する自由を知らない」、ユーザやネットワークSEのことを「ベンダーの奴隷」と呼んでいますが、”Liberty−based Implementation”というのは「奴隷なんぞになるなよ」という筆者の強いメッセージが感じられていいですね。 日本の専門誌でもこんな小気味のいい記事を書いてもらいたいものですが、ベンダーとの利害関係がある以上中立的なOpinionなんて書けないでしょうね。

これからは「オープンな設計」、「クローズドな設計」という言い方でなく、「自由な設計」、「隷属的な設計」の方が違いが際立っていいかも知れません。 しかし、自由な設計をするにはユーザーにも実力が求められることが書かれています。

"Necessary Ingredients
Ready to roll out an identity federation system? Here's what you'll need for a successful Liberty-based implementation:
1) A Savvy IT Staff: The specifications are complicated and cross several domains of expertise, including Web services development, XML, networking, and security.
2) A Clean Directory: The Liberty specifications don't care if you use Microsoft, Novell, or any other directory. What matters is the accuracy of the information inside.
3) Pre-existing Agreements: Identity federation doesn't happen on the fly. The Liberty Alliance specifications assume you have a pre-existing relationship with the members of your trust circle.
4) Liberty-Compliant Hardware/Software: Last but not least is the actual Liberty-based technology. "

*ちまたではPBXメーカーがSIP携帯端末の接続をサポートしつつありますが、まさに"the B2BUAs provided by PBX vendors tend to be more expensive"の典型ですね。 SIPの世界とnonSIPの世界を余計な箱を使って同居させる。 

*携帯端末のSIPもかなりクセのあるもののようで、これも困ったものです。 独自な部分を残してユーザの囲い込みをしたり、先行利得を大きくしようとする了見はなかなか改まらないようです。 力のあるユーザが増えて、「自由な設計」が主流になれば様子は違ってくるのでしょう。 
 

ホームページへ