間違いだらけのネットワーク作り(301) 2003/10/18
「情報化研究会大会予告」

先の3連休は結婚式に出席するため帰省。 ちょうど秋祭りだったので10数年ぶりに見物することが出来ました。 独特の太鼓のリズムや、かつぎ歌とでもいうのか、800キロあまりの「だんじり」をかつぎながら歌う歌を久しぶりに聞いたのですが、その瞬間に時間が短絡して小学生の頃、だんじりの後ろにくっついて1日中歩いていた情景が浮かびました。 

情報化研究会大会予告

さて、先週お知らせしたとおり12月13日に情報化研究会大会を行います。 HPにも掲載しましたが、内容は次のとおりです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
間違いだらけのネットワーク作り300回記念
情報化研究会大会(第21回情報化研究会)
「ユビキタスとIP電話で日本のネットワークを革新する」

1.日時・場所
平成15年12月13日(土) 13:00−17:40(受付12:30〜13:00)
千代田区神田駿河台1−1明治大学リバティータワー11階1114教室

2.プログラム
13:00−13:10 開会挨拶  情報化研究会主宰  松田次博
13:10−14:30 「高品質、高信頼性ソフトウェアを生産性高く開発する−情報サービス業界の変革とエンジニアリング化」
            CSK取締役技術担当 有賀貞一氏
14:30−14:40 休憩
14:40−16:00 「ユビキタス時代のネットワーク戦略」(仮題)
            総務省情報通信政策局技術政策課長  稲田修一氏
16:00−16:20 休憩
16:20−17:40 「企業ネットワーク革命進行中−IPセントレックスvsIP−PBXvsVoIPサーバ」
            情報化研究会主宰  松田次博

3.参加資格    情報化研究会会員および非会員 会員の方は受付時、登録されているメールアドレスを確認します。

4.会費       会員7000円 非会員10000円  

5.申込み・会費の支払いについて
HP記載のアドレスまで氏名、所属、電話番号を書いてメールで申し込んでください。 所属・電話番号のない申込みは受け付けません。 会費の支払いは受付時、現金でお願いします。 なるべくおつりがいらないようにしてください。 請求書や領収書の発行はしません。

6.申込み締め切り

            平成15年12月7日(金)    ただし、申し込み数が会場定員になりしだい締め切ります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
有賀さんの話はネットワークではなく、CSKで取り組み大成功をおさめたソフトウェアの生産性向上についての話です。 有賀さんの話はつねに視点が新鮮で、アイデアが豊富です。 ソフトウェアが専門でない方も参考になることが多いでしょう。

稲田さんは電気通信事業法の策定やOSIの標準化、PHSや携帯電話の推進(移動通信課長として)など、つねに先端の仕事をされて来た方で、有賀さんとともに研究会のコア中のコア・メンバーです。 今回はユビキタスという、話題のキーワードを中心にこれからのネットワークについて話していただきます。 稲田さんも有賀さん同様、ありきたりでない独自の切り口をお持ちなので面白い話が聞けるでしょう。

私の話はいつものごとく、ですが、「IPセントレックスvsIP−PBXvsVoIPサーバ」というのが刺激的ですね。 世の中には先週の記事で書いたように、言葉を曲解して使用する人たちがおり、企業ユーザの方々は正しい情報を得られていません。 この際、Clearにしよう、という趣旨です。 刺激されるのが好きな方、何を言うのかチェックを入れたい方、ご参加ください。
 
 

ホームページへ