間違いだらけのネットワーク作り(279) 2003/05/10
「金融機関で広がる広域イーサネットの採用」

今日は次男と三男の通う高校の保護者会があり、次男のクラスは嫁さん、三男のクラスは私が出席。 朝の11時に出かけて帰宅が5時前。 そのため、この記事を書くのが夜になりました。 保護者会はほとんどがお母さんで、男は4、5人。 なかには夫婦で出席している人もいました。 話の内容は大したことなく、ただ、2年進級に必要な単位数や点数は皆さん真剣に聞いていました。 もっとも、私は次男が1年のときに聞いていることなので驚きもしません。 この高校、大学の付属なのですが、本当にきっちり落第させるのです。 クラスで数人は毎年落第で進級できないとのこと。 担任の先生が若く熱心そうな人だったのには安心しました。

金融機関で広がる広域イーサネットの採用

出かける前に郵便受けを見ると日経コミュニケ−ションが届いていました。 広域イーサネットの特集をしていますね。 ちらっと見ました。 「ほとんどのユーザはルータレスでなく、ルータを使っている」という文章を見て、笑ってしまいました。 

私はレイヤ3スイッチはあくまで、スイッチであってルータではない、という考えで、ここにも本にも書いています。 しかし、日経コミュニケーションはレイヤ2スイッチしかスイッチとして認めてないようですね。 

レイヤ3スイッチはEthernetしかインタフェースがなく、作りがシンプルな分安価で、ハードウェア処理であるため処理速度も速いのが特徴。 対してルータは広域イーサネットを使うには余分な多様なインタフェースに対応している分、高いし、ソフトウェア処理の製品が多いのが特徴。 ベンダーやSIerにとっては高価なルータを使った方がビジネス的に利が多いでしょうが、ユーザからするとやりたいことが出来るなら安価なレイヤ3スイッチがいいに決まっています。

レイヤ3スイッチを使ったルータレスネットワークはどんどん増えています。 先週から設計が始まった金融機関のネットワークも、全国160箇所のルータをとっぱらい、レイヤ3スイッチ+広域イーサネットに移行します。

ルータレスにするかどうかは別として広域イーサネットは金融機関に広がっていますね。 今週とどいた入会メールの中から、金融機関でネットワークを担当している方のメールを部分的に紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ネットワーク(DA64中心)の更改を検討中です。 きびしい経済情勢のなか、コストフラットで更改することが命題ですが、
DAを使った現行通信費はかなり安く、雑誌(日経コミュニケーション)の他社事例のように画期的なものは簡単にできそうになく、
苦しんでいます。

今年の3月くらいから図書館でネットワーク関連の本を手当たりしだいに読んだり、何冊か買ったりしました。
そのような折にGoogleで広域イーサで検索したところ、このホームページと出会いました。
「目からうろこ」というか力強い同士を得たという気分です。
 
ちなみに最近購読した本は以下のとおりでそれなりに勉強になっています。
・ネットワーク標準講座(ソフトバンク)←範囲が広く、言葉の説明などシンプルでわかりやすい教科書
・プロフェッショナル・ネットワーク 設計・分析・管理のすべて(戸根勤氏)
・広域イーサネット/IP電話の高度利用←まだ第二章ですが、感服しております。
・日経コミュニケーション
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*システム部門の経験の長い方ですが、本当に熱心に研究しているようです。 私の新著も購読いただいているようで有り難いことです。

*64キロのDAより安価な広域イーサネットとなるとちょっと大変ですが、引用していない部分にかかれていた回線サービスは有力な候補だと思います。
ちなみに、MDNではありません。

*DAより安く、というのも課題ですが、この方のもう一つの課題はホスト系のレガシープロトコルの扱い方。 金融機関の場合はパソコンのような汎用端末ではなく、ATMや窓口装置といった特殊端末がレガシーなプロトコルでたくさん使われているため、この始末が大変です。

*X.25をIPoverEthernetに変換する装置が作られていたりしますが、さて、どういう解決策が最適なのでしょう。 理想は端末更改と同期を取って、レガシーをなくしながらネットワーク移行することでしょうが、なにせ金融機関向けの端末は高価なのがネックです。 コンペで端末を安くできれば道が開けるかも知れません。 ネットワークだけでなく、端末もオープンなものにしないと、ホスト系ベンダーの支配力は弱くならないでしょう。
 
 

ホームページへ