間違いだらけのネットワーク作り(255) 2002/11/16
「SIPとH.323、どっちが重い?」

日経バイトに連載中の間違いだらけのネットワーク作り(第二回)がITPROに掲載されました。 テーマは「はみ出している」ことの価値。 文学的ですね。 でも、ITPROを読む技術者の人たちも難しい話より、私のコラムの方が好きなようで第一回と同様アクセスランキングは上位につけています。 ランキングは掲載後1週間くらいでもっとも高くなるので、来週月曜日あたりトップに踊り出るかも知れません。  

ITPROでいただいたコメントから2つ引用させていただきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[2002/11/12]
今ひとつコンサルティングの必要性を感じないのですが、面白い着眼点を持っているものだなと感心しました。私も社内でははみ出し組なので、それなりの存在があるのかな(笑)

[2002/11/12]
何か,面白い記事です(本文の言いたいことと題名がちょっとずれているようにも感じますが).篠原に向かう話を読んでいて,関係ないですが10年位前にマルティメディアとかいう言葉が世に出ていたとき,ふと東京から九州の片田舎の実家に帰るときにたんぼと山林の世界に行って,"う?ん,世の中で必要だと煽って言われているものなんて,ここじゃいらないな",などと思いました.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*「何か、面白い記事です」という感想が一番うれしいですね。 どこがどう面白いかよく分からないけど、どこか面白い。 そんな文章をいつも書けたらな、と思います。
 

SIPとH.323、どっちが重い?

情報化研究会のKさんからメールをいただきました。 差しさわりのある部分だけ削除して引用させていただきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会員の○○です。
先日、セミナーに行ってきました。

そこで2点面白いな、と思いました。

ひとつは、IP−Centrexサービスです。
以前、特別第二種の電気通信事業者の舞台で、広域内線電話サービスを担当して
いたこともあり、なるほど、そのIP版だな、と思いました。

ただ、今あるH.323ベースのGWを使う形態だと、IPの強みが生かせないような気がしま
。 やはり、IP一色のネットワークなら、SIPベースのテレビ電話やホワイトボードな
ど、一台のパソコンベースの端末で、済んでしまいそうですね。
しかも、交換機が不要!ただ、企業がそう簡単に電話資産を手放すかがキーでしょうね。

ふたつ目は、SIPとH.323の「重さ」です。
なんでも、SIPというのは、言うほど軽くはない、そうです。
何年か前に、ある人が、処理する部分でH.323とSIPのテキスト部分が約8分の1
の大きさだとか、それでSIPが軽い、と言ったのが広まったそうです。
私はどの部分を言っているのか分かりませんが・・・
確かに、シンプルな作りのものですが、開発する人にとっては、結構SIPも重いものら
しいです。

そうすると、「重い」「軽い」って、なに?ってことになりますね。
保留、転送や着信機能などをSIPに実装すると、結構ハードに負荷がかかるのかもしれま
せん。

それにしてもIP−Centrexは、面白そうですね。私もやりたいなあと思います
が、うちの会社じゃ、技術者がいません。それにユーザに対してコストメリットを打ち出し
つつ付加価値でお金をもらうビジネスモデルを出さないと、マイラインの二の舞です。

IP−Centrexに関しては、来年、展示会でお話されるそうですね。
かなり不景気ですが、この分野はまだまだ興味が尽きません。

では、また。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*実は2001年のNET&COMで、私もSIPとH.323の重さの比較をドキュメント量で説明しました。
H.323は約850ページ、SIPは約150ページ。 

*しかし、SIPは99年のRFC2543では150ページですが、今年2543が改訂されて出来たRFC3261は
約260ページ。 ちょっと厚くなりましたね。

*ただし、SIPの分かり易さ、使い易さはH.323とは比較にならないでしょう。 雨後のたけのこのごとく
大小の企業や個人がSIPを使ったVoIP関連製品を次々発表しているのが何よりの証拠です。

*PBXの持つ機能をSIPで作成するとプログラム規模が大きくなるのは当然で、それはH.323だともっと大変でしょう。
Kさんの受講したセミナーの主催者はH.323の得意なメーカーなので、SIPへの移行には抵抗があるのではないでしょうか?
Kさんのおしゃるようにソフトフォンやバーチャルコールセンタなどのアプリケーションの開発はSIPの方が適しています。

*私は既にSIPベースのIP−Centrexを実ビジネスとしてやっています。 来年2月のNET&COMでは事例も含めて
ご紹介できるでしょう。 これからどんどん、この世界は面白くなります。 しかし、電話収入で成り立っている
キャリア事業はIP電話やIP-Centrexが普及したらどうなるのでしょう?
 
 

ホームページへ