間違いだらけのネットワーク作り(241) 2002/08/10
「SIPとURI/IP電話業者は弱気?」

今日は次男の参加する東京都高等学校吹奏楽コンクールが府中の森芸術劇場であり、出かけてきました。 演目は課題曲が岡田宏作曲「追想」、自由曲がA.リード作曲「第二組曲よりWパソ・ドブレ」。 吹奏楽などまったくの門外漢なので、コメントは出来ませんが、自由曲は力強くて良かったです。 特にオープニングのトランペットの独奏が効いていました。 次男はクラリネットなのですが、やはり吹奏楽は金管楽器の方が目立ちますね。 木管は静かなところでは映えますが。  どの参加校もわずか10分あまりの演奏のために猛練習を積んできているのでしょう。 次男は高校に入るまで部活などしたことがなかったのですが、8月には5泊6日の合宿まで参加していました。 部活など一切経験のない私からすると、お前スゴイね、というところです。 部活に打ち込めるのは大学入試の不要な付属に入った大きなメリットかも知れません。

SIPとURI

会員のHさんからSIPとURIについてメールを貰いましたので紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Hです

msnメッセンジャーがいつのまにかSIP対応になっていたので、SIPサーバを
自作して、社内でIP電話ごっこをやって遊んでいます。

SIPサーバを作ったときにRFCをざっと読んだのですが、
URIに2つの意味があって、最初私も混乱してしました。
URIは一般的には、昔URLだったものを厳密に記述方法を規定
したもので、URLの上位に位置づく概念といえます。
しかし、一方でRequest-URIという概念もあります。
これはToや、Fromなどと同じレベルの、SIPメッセージの
あるフィールドのことを指します。

概念の大きさでは、

Request-URI  < SIP-URL  < URI

です。Toや、From、Contactヘッダは、Request-URIと同様
SIP-URLの規則(RFC2543の図3)に従って記述されていなければ
なりません。 それ以前に、SIP-URLはURI規則(RFC2396)に従った
アルファベット文字を使わなければなりません。

松田さんの文章で、

SIPはhttpライクなことが知られていますが、httpでは
アクセスするファイルの指定にURLを使います。 
これがSIPだとsip:yamada@xyz.co.jpといった
SIPアドレスが使われ、これをURIと書いてあるドキュメントが多い。

とありますが、私はSIPアドレスをURIと言っている人にはお目にかかった
ことはありません。 SIPアドレス=URIといわれるとかなり奇異な印象を抱きます。
「SIPアドレスはSIP-URLの規定に従わなければならない。」
もしくは
「SIPアドレスはSIP-URLで識別される」というのであれば違和感はありません。

SIP関連で研究会をお願いします。サーバ作って動かしてみた話ならできます。
msnメッセンジャーのプレゼンス機能に対応しているものは、
商用サーバではまだないと思います。2,3日研究したら結構簡単にできました。
msnメッセンジャー自体怪しい動作をしますので、とてもビジネスにはつかえ
ませんが。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*SIPのドキュメントをちょこっと読んで分かった気になっている私と比べて、2、3日研究して
SIPサーバを自作してしまうHさんのすごさ。

*こりゃあ、ご本人が講演してくれるとのことなので、9月にSIPの研究会をやりましょう。
msnメッセンジャーについても詳しく聞きたいですね。
 

IP電話業者は弱気?

今週水曜日の夜、都内某所(と書くとあやしい感じですね)でVoIPの研究会があり、参加させてもらいました。
IP電話サービスをやっている代表的なISPやキャリアの方が集まっていました。

感想。 総じて弱気。 ビジネスとしてIP電話サービスが儲かるかどうか、についても品質についても。 1社だけ
強気でした。 マイラインでIP電話サービスを提供している会社です。

意外だったのは総務省のIP電話サービス基準は甘いもんだ、と思っていた私に対して、IP電話サービスを既にADSLで
提供しているISPさんがきわめてクリアがむつかしい、と悲観していたこと。 特にR値のクリアが難しいと言っていました。

遅延についてはクラスCの400ミリをクリアしていればいい、と私は思っていたのですが、そこにいる方々はクラスBの150ミリ
以内だと言っていました。 ただし、断言できるほど自信のある人はいませんでした。 面倒なのでどっちが正解か調べませんが、
たしかに150ミリでは現在IP電話サービスを提供している業者はほとんど不合格でしょう。 
端末からパケットが送出される以前に圧縮遅延とパケット化遅延で60ミリや70ミリはかかるのですから。 

私はIP電話サービスは伸びるもの、と思っていますが、現在IP電話サービスをしているプロバイダーが主役になるか、というと
そうではなさそうだ、という感想を持ちました。

次男の演奏会から帰ってくるとBBフォンのダイレクトメールが来ていました。 BBフォンはNTT東西の電話番号をそのまま
使うという、私の感覚からするとずうずうしいことをしているのですが、れっきとした0AB〜J番号ということになります。

総務省のIP電話サービス基準では050でなく、035546・・・・のような0AB〜J番号を使うには固定電話と同等の100ミリ秒以内の
遅延をクリアしていなければなりませんが、BBフォンはどうなんでしょう? クリアしていなかったらどうするんでしょう?

この辺あいまいにせず、総務省は分かりやすい情報を出して欲しいですね。
 

ホームページへ