間違いだらけのネットワーク作り(207) 2001/12/08
「広域EthernetでのL3機能の必要性」

今週木曜日、数年ぶりで長野に行きました。 もう雪があるかな、と思っていたのですが途中の軽井沢にも、長野にも雪はありませんでした。 長野県には私が手がけたネットワークのATM交換機やルータ、FRADといった装置は動いているのですが、お客様の本社が長野にないため来る機会がないのです。 

今回の訪問先はJA長野の長野協同電算さんです。 ここはJA長野の業務オンラインネットだけでなく、ISPとしてJANISというネットワークを運用しています。 訪問目的はダークファイバーの利用上のさまざまな留意点をヒアリングさせていただくこと。 長野協同電算さんはADSLを日本で初めてサービスしたことで有名ですが、現在ダークファーバーをふんだんに使い、自社設備をコロケーションしたネットワークを構築中です。 こまかなことは書けませんが、普通の企業がダークファイバーを使うのは大変だな、と感じました。 が、メリットのあるユーザがあることも間違いありません。 これからのネットワークの検討の中で選択肢のひとつとして考えたいと思います。

それはそうと某社のルータを一切使わない方針、というのに共感を覚えました。

広域EthernetでのL3機能の必要性

12月15日の研究会は今日時点でちょうど40人参加予定です。 講師はフュージョンコミュニケーションズが平山さん、パワードコムが安藤さんに決まりました。 安藤さんは研究会のメンバーで、掲示板でも詳しい書き込みをされていました。 充実した会になるものと期待しています。

研究会に参加できないNさんから下記のようなメールをもらいました。 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
次回の研究会の日にはすでに別スケジュールがすでにあるため出席できません。

残念です。
仕方が無いので、以下の点に関して教えてください。

広域Ethernetを使用する場合、広域Ethernetに接続するユーザのMACアドレス数に
制限があると言う話を聞きますが、ほんとうでしょうか?
当然、L2SWで構成された網ですのでMACアドレスを覚える必要があり、ネットワークリソースが
無限でないことから考えれば、あたりまえなのかな?とも思いますが。
これを防ぐためにルータもしくはL3SWを使用することが必要になると思えますが、こんな考え方でよいのでしょうか?

ところで同様なことが、EoMPLSでも起こりうるのではないかと思っています。
たとえば、EoMPLSでVLLを使用した同じVLANに属する地点の1対1の通信に関しては、
Draft-Martiniを実装した場合、この問題は発生しませんが、
VPLS((バーチャルプライベート LAN Segment)(Draft-vkompellaによる仕様))を使用した
同じVLANに属する地点のn対nの通信に関しては、MACアドレスを学習して
その学習したMACにより通信を行うようになるようです。

従って、EoMPLSで広域Ethernetを構築した場合でも、最初に言いました
ようにネットワークリソースの効率的な使用が極めて重要になるように思いま
す。

以上のような点から、IP-VPNがルーティングテーブル数やルーティングプロトコル
の制限を受けたように、広域Ethernetでも結局MACアドレスの制限を受けると思
われますが問題は無いのでしょうか?

当然、ルータやL3SWを接続機器に選択すれば、かなり問題は小さくなりますが、

ユーザは、Layer3以上の機能を持った機器を選択する必要になりますが?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*Nさんは研究会の中でも技術的に大変詳しい人なので、私が充分な答えをすることは難しいのですが、
一言でいえば「Nさんの言うとおり」ということになります。

*広域Ethernetを使って大規模なネットワークを設計する場合はL3SWを使うことを前提にしています。
また、WAN側のセグメントも適切に分割しています。

*なので、MACアドレスの制限はあるのでしょうが、意識することはありません。

*広域EthernetのバックボーンをEoMPLSでやろうとしているKDDI、スイッチだけで構成しているパワードコムやNTTコム。
バックボーンの方式やMPLSを動かす装置の違いでユーザから見た機能や使い勝手がどう違ってくるか、15日の研究会で
勉強させてもらおうと思います。

***上記のような記事に対して、研究会のZさんがすばやいレスポンスをくれましたので付け加えます。
Zさんも15日の研究会に参加するので、より細かな話はそのとき聞きましょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ところでMACアドレス学習数の話ですが、EoMPLS網をShared Bridgeで模したら
おそらく学習はないんでしょうね。EoMPLS網をLearning Bridgeで模したときは
学習が必須ですけど。

  それにしてもVLAN stackingに対してEoMPLSって機器が高いですね。 Catalyst
にOSRのボードつけようとしたら     万円強です。 そうまでしてリダンダンシと
か欲しいのかなと不思議です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 

ホームページへ