間違いだらけのネットワーク作り(202) 2001/11/03
「IPv6」

今日は文化の日。 今年の文化勲章受章者に「タテ社会の人間関係」(講談社新書)の著者、中根千恵氏がいます。 この本は私が学生の時からベストセラーとして有名でした。 その小見出しからの引用が日経新聞のコラムにありました。 いわく、「職種よりも会社名」、「能力とは無関係の生年・入社年・学歴」、「リーダーは集団の一部分にすぎない」、「論理を敬遠して感情を楽しむ」。 少しは変わってきたところもありますが、ほとんどは現在の日本の社会にそのまま当てはまるのではないでしょうか。

中根氏によるとタテ社会のシステムは社会が大きく変化するときに弱さを見せる、とのこと。 ITの世界での米国においてきぼり状態、破綻しても平気で特権的地位を守られる銀行、言われてみれば中根氏のタテ社会論で説明できてしまいそうです。 35年前の社会論、あと何10年あてはまるのでしょうか? それまで日本の経済はもつのでしょうか?

「IPv6」
NTTPCコミュニケーションズ 波多 浩昭氏

今週は10月20日情報化研究会から、NTTPC波多さんの講演を紹介します。 46枚のpptスライドから一部を引用します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さらにどうなったか?(IPv4のアドレス不足についての説明の途中のスライドです)
・IPアドレスの分断化
・ISPのルータのルーティングテーブルのエントリ数
・1999年  50、000経路
・2000年  70、000経路
・現在    100、000経路
・Sprintのいきなり宣言
/19より小さなブロックはインターネットに広報するな!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そこでIPv6
IP version 6
アドレスをもっとたくさん使いたい
IPv4 の4倍の長さ(128ビット長)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
どれくらい増えたのでしょうか?
2の128乗個
340×10の36乗個
地球上の陸地 1平方cmあたり
 2.2×10の20乗個のアドレスを割り当て
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
IPv6の誤解
ブロードバンド対応
優れたQoS機能
暗号化された安全な通信
インストールすればそのまま使える
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
どうやってつなぐのか?
どこで?
データセンタで?
会社
家庭
どうやって
ダイヤルアップ
専用線
ADSL(フレッツ、ACCA、eACCESS,東京メタリック)
何を
ルータ
パソコン
ゲーム機
温度計
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
どうやって使うのか?
グローバルIPv4の置き換え
Webサーフィン?
プライベートIPv4の置き換え
VPN
新しいアプリケーションの開発
FAQ
量が増えただけでなにが変わるのでしょうか?
量の劇的な変化は、質に影響します
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
初期アプリケーション
IPv6をインストールできる人だけが受けられる恩恵
抽選にあたった人だけが参加できるサークル
IPv6を自らが望む人だけをターゲット
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
制御型アプリケーション
エアコン
テレビ
その他家電製品を制御するHA
まだ、インターネットを使っている感覚あり
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
センサ型アプリケーション
動作モニター
インターネット付ベッド
インターネット付冷蔵庫
位置モニター
GPSとの組み合わせ
携帯電話
自動車
プラント監視
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて、これからどうしますか
インターネットテレビ 今度こそ?
MPEG
WMT
REAL
インターネット電話
単に固定IPアドレスだから
地域IX
地域振興策
県内トラフィックは増えるのか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
まとめ
態度を決まる
IPv6の流れに乗りたいなら
教科書は当然読む
教科書に書いてない情報を集める
知っている人と友達になる
使ってみる(いまはちょっとハードかな?)
全然違うものと組み合わせてみる
IPv4で失敗したもののリベンジ
IPv4で成功したものをいただき
IPv6を傍観する
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*さて、IPv6への態度をどう決めましょうか? 私は構築すべきネットワークやシステムで客観的メリットがあると分かれば使う、なければ使わない、それだけです。
 

ホームページへ