間違いだらけのネットワーク作り(194) 2001/09/08
VoIP、IPv6の最近

今週も仕事ではさまざまな事があり、退屈しない1週間でした。 トラブルあり、新規の設計のための実験あり。 が、今週のハイライトは昨日の午後、休暇を取って嫁さんと出かけたサイトウ・キネン・フェスティバルのオペラ、イエヌーファでした。 指揮小澤征爾、演奏サイトウ・キネン・オーケストラ。 このフェスティバルは小澤征爾の恩師である桐朋学園齋藤秀雄教授のメモリアル・イベントとして92年から毎年松本で行われているものです。 ちょうど今年が10年目。 前々から行ってみたいと思っていたのですが、場所が遠いのとチケットの入手が至難なことから実現していませんでした。 私は音楽自体に深い興味はありませんが、小澤氏の求心力のもと、世界で活躍する齋藤教授の教え子が1年に一度集まって世界レベルの音楽を作り出す、その人たちを現場で見てみたい、と思っていたのです。 

66歳の小柄な小澤征爾が発散するEnergy。 美貌のソプラノ歌手エレナ・プロキナ、精悍なテノール、ステファン・マルギタらの胸の中を吹き過ぎるような力強い美声。 白い扉と壁、そして数10人の演技者そのものが舞台装置となり、巧みな照明とあいまってダイナミックに場面を変えていくテンポの良さ。 描写や感想を書き始めるときりがないので止します。

今朝は嫁さんと二人、松本城とその周辺をたらたらと散策。 松本はかなり以前に上高地の帰りに立ち寄って以来。 そのときは子供たちが一緒でしたが、今回は夫婦だけなのでずいぶんゆったり、リラックスできました。

VoIP、IPv6の最近

毎週数人の方が入会しています。 今週は7人。 入会申し込みメールの一つを紹介します。 
--------------------------------------------------------
ホームページは、以前より見させて頂いていて、サービスより
の話が多く、勉強不足な面で内容についていけない状態でした。
しかし、最近のIP-VPN vs 広域LANの話あたりから、知識として
入ってくるようになり、本腰を入れて参加しようかなと思った
次第です。今は、毎日、少しずつバックナンバーを読み進めて
いるところです。VoIP、IPv6、日経コミュニケーションの記事、
当たり前のように受け入れていた物に、疑問を投げかけている
ことに、ずいぶん驚かされました。
--------------------------------------------------------
*「当たり前のように受け入れる」のは、考えること、自分で理解することをしていない、ということでしょう。 技術的に詳しい人の中にも、基本的な過ちをする人が結構多いものです。 たとえば今週、私のところで設計しているネットワークで、OSPFを使おうという意見を出した人がいました。 しかし、その人に何故、RIPじゃいけないの? と質問すると答えられないのです。 CCIEとやらを目指して勉強している、詳しい人なのですが。  

*技術的に高度そうな、あるいはカッコよさそうなもの、雑誌があおっているもの、それが現実の設計にふさわしいものかどうかは、設計者が目的と要件に照らし合わせて考えないと判断できません。 とらわれず、客観的に、「自分で」考えることが大事です。

ところで、VoIPやIPv6は現実の動きとして近頃どうなのでしょう? 今週水曜日に情報化研究会の主要なメンバーと集まる機会があり、情報交換しました。 ポイントを羅列しましょう。
ただし、ネットワーク専門誌の編集者、メーカー、官公庁の方など、多様な人の情報や意見の羅列ですから、「自分で考えずに」鵜呑みにしないでください。 

VoIP

*IP−VPNでのVoIPは勢いはない。 マイラインで電話料金が安くなったのが原因。 とりあえずデータだけIP−VPNにする、というユーザが多い。

*IP−VPNでのVoIPの規模は拠点数にして10〜20拠点程度が多い。 最大規模はなんとか100拠点。

*IP−VPNではデータのみの場合でも、拠点数が多い場合はVPNを100拠点程度で分割していることが多い。 PE(プロバイダー・エッジ)ルータの処理能力の問題。

*IP−VPNでのVoIPでは優先制御サービスを使うのが不可欠。 それでも128Kのアクセス回線ではトギレ感を感じることがある。 データ・音声を合わせた回線使用率が50〜60%というジャブジャブ状態で使えば問題は発生し難い。

*広域LANでのVoIPの最大規模は80拠点程度。 ユーザの過半はVoIPを導入している。

IPv6

*IPv6は普及し難い。 理由はIPv4からの移行が煩わしすぎること。 

*IPv6はHuman向けというより、デバイス向け。 ITSのような制御機器には不可欠。 あるいは携帯電話。

*IPv6はIPv4を置き換えるもの、というより、IPv4がカバーしてないところに使う、という発想がふさわしい。

*企業ネットワークで今すぐIPv6を導入するメリットは少ない。 あるとすればバックボーンへの導入。 MPLSのかわりにIPv4のトンネリングに使う。
 
 
 
 

ホームページへ