間違いだらけのネットワーク作り(193) 2001/09/01
TDMの更改

先週末は今夏最後のイベントとして家族で九州へ行ってきました。 安直なツアーで観光バスに乗っていればよい、というものです。 大分から入って、湯布院、阿蘇、天草、長崎をまわり福岡から帰ってきました。 でかける直前の天気予報は雨の連続で、折りたたみ傘を用意して出かけたのですが、行ってみると3日間晴天続きでした。 大分や長崎は8年ぶり、阿蘇は20数年ぶり。 3人の子供たちは九州がはじめて。 好天のおかげで阿蘇の雄大な山々や天草ののどかな島々の景観を堪能できました。 

烈日の天草の海時止まる 

天気がよすぎて天草では烈日という言葉がぴったりの日差しでした。 その中で有明の海はあくまで静かで、時間さえ止まっているように感じました。 激しい太陽と静かな海のコントラスト、それを詠んだのがこの駄句です。
 

TDMの更改

今週の掲示板ではとんとんさんのTDM更改の話題が事例として面白く、返信も多かったので引用させていただきます。 

--------------------------------------------------------------------------------
TDM更改について  Follow: 579 / No: 570 [返信][削除]
 
 投稿者:とんとん  01/08/26 Sun 21:40:43
はじめまして。表題の件でお知恵を拝借したいのですが。。。
今は音声・基幹・情報系と各々に専用線をひき(メタルどまり)、IP45などを置いています。
ついては情報系のトラヒック増加に伴いシステムを見直したいと思います。今検討しているのはVoATMです。
そこでイニシャルが非常に高価なのが稟議のネックになっています。以下のようなプランです。
本社5M(一部速度保証2.5M、音声、データとVCを設け音声は1CH16Kで見積)
拠点はおおよそ1M(一部速度保証0.1MM、音声VC分64K)
足回りはNTTのメガデータネッツでGFR、バックボーンはABR、IPv6です。
プロトコルはSNA,IPX,AppleTalkです。
音声統合拠点でCisco3660、音声の必要のない拠点をCisco2610としています。
これだけでもイニシャルがネックになっている上、
CiscoのATMモジュールは日本のATMと相性が悪いのでシリアルで受けたほうがいいのか?
だの、マッピングが合わないので音声のセル落ちを防ぐにはどの程度のスペックが求められるのか?だの、
本社は将来7204VXRにしておいたほうがよいのでは?
だの、将来IPsecで認証する際のセキュリティは?だの支離滅裂にアタマがなっています(悲惨)。
そもそもこのプラン自体が無駄が多いのでしょうか?考えるべきことを示唆して下さる方がいらっしゃると本当に・・・!助かります。

--------------------------------------------------------------------------------
Re:TDM更改について  No: 575 [返信][削除]
 
 投稿者:ごり  01/08/27 Mon 19:00:51
とんとん様

ごりと申します
突然ですが・・・
Cisco RouterでVoATMって何のメリットがあるのでしょうか?
最近、小職はシステム設計の現場から離れて、脳が萎縮している為か
どうもピンときません。
Cisco RouterはCRADにはなれるけどCell交換機能は持っていないですよね。
とするとATM交換機が必要となりますね。そうです、ストラタくんの登場です。
さて・・
私の経験上ではRFPを曖昧にしておくと必ずと言っていいほど失敗します。
TDM捨てるために新たなテクノロジーを求めるのであれば意味の無いことです。
もう少し、要件を整理して選択の幅を広げたほうが良いのでは。
#思いきってIPX、AppleTalkは捨ててSNAはIP化する。音声は
 アウトソース!って選択肢もあり?

--------------------------------------------------------------------------------
Re: TDM更改について  Prev: 570 / No: 579 [返信][削除]
 
 投稿者:matsumura  01/08/28 Tue 17:47:14
はじめまして

標記の件ですが、初期投資を抑えたいのであれば、L2LANをベースに
音声はVoIPが良いと思います。
基本的には、設備はL3SWとVoIP−GWで構築することができ、
地方拠点に1Mのアクセスラインを引くのであれば、帯域制御装置なんかも
必要ありません。
ATMネットワークはシビアなQoSを理論上実現できますが、
設計するSEの技術力によっては、痒い所に手が届かない場合もあり、
NW構成が複雑になればVoATMの音質はかなり劣化します。
いずれにしても一番肝心なのは、設計のポリシーを明確にすることです。
コストを優先するのか、VOICEの音質を優先するのか、
現在使用しているプロトコルを全て乗せるのか、等。
頑張ってください。

--------------------------------------------------------------------------------
Re: TDM更改について  No: 588 [返信][削除]
 
 投稿者:としを  01/08/30 Thu 15:28:36
はじめまして、としをと申します。

>とんとんさん
コスト的にはCWC等のL2サービスも安いですが、同一県内での通信のみなら
メガデータネッツ(以下MDN)もいい選択肢だと思います。

CiscoルータでMDNを使う場合はATM25MのNM(no QoS!)を使うよりも松下の
ATM-TAをルータのSerialポートにつないで接続した方が安く、かつ性能も
良いです。ルータとTA間をFRのencapsurationでつなぐのですが、VC多重化
出来、かつFRのDE bit => ATMのCLP bitのマッピングも出来るのでかなり
使い勝手が良いです。

VoATMは避けてVoIP、SNAはIP化、IPXとAppleTalkはIPでトンネルした方が
良いと思いますよ。音声統合拠点も3640で十分いけます。

--------------------------------------------------------------------------------
*ネットワークを設計する人にもいろんな考えの方がいて面白いですね。 とんとんさんの会社に提案しているベンダーはおそらくは現行のTDMネットワークを担当しているベンダーでしょう。 たしかにこのネットワークが採用されたら機器ベンダーにとってはありがたい仕事になりますね。 ユーザにとって「イニシャルが非常に高価」というのは売る側にはいい商売ということですから。 IPv6まで入っているのはどんな目的があってのことなんでしょう? ABRを使うのもめずらしいですね。 重すぎ、複雑すぎるというのがこのベンダーの提案の第一印象です。 帯域の広い回線が安価になっている現在、複雑なQoS制御をするより、シンプルに使うことを考えた方が得策だと思います。

それにしても私が99年から使うのを止めたATM交換機がいまだに新規の提案として成り立っているというのが新鮮な驚きでした。

*また、「今は音声・基幹・情報系と各々に専用線」を使っているのを統合するのが本当にメリットがあるのかもチェックする必要があります。 理想的にはごりさんの言うようにSNAはIP化するのがいいのですが、それが出来ないなら、SNAは別回線のままにして自然消滅するのを待った方が、わざわざ苦労して新ネットワークに統合するよりいいかも知れません。

*「情報系のトラヒック増加に伴いシステムを見直したい」=情報系の帯域幅を増やすのがネットワーク再構築の目的なら、情報系を広域LANなり、IP−VPNに移行すれば目的の過半は達せられるのではないかと思います。 広域LANならIP以外のプロトコルの扱いも簡単です。

*データ・音声統合もおすすめはしません。 私の現実の仕事でもデータ、音声は別ネットワークというのが主流になっています。 理由は簡単、統合の経済効果が出しにくいからです。 ごりさんの言うように仮想内線網で済ませてしまうのも一法でしょう。 上記には引用しませんでしたが、のんのんさんの書き込みに内線だから少々トギレても大丈夫、みたいなコメントがありましたが、エンドユーザを甘く見ない方がいいですよ。

*このHPにも繰り返し書いて来たことですが、目的とポリシーを明確にすることが第一で、その上で最適な実現手段を考えてください。 重々しい提案をしているメーカーのように目的と手段を取り違えないように。 もっともベンダーは「売上を増やす」という自分の目的は常に明確ですが。
 
 
 

ホームページへ