間違いだらけのネットワーク作り(169) 2001/03/10
「広域LANでの帯域制御装置の必要性」

3月7日(水)にAnnual Network Seminar「ブロードバンド・ネットワークとビジネス革新」を行いました。 毎年、私の部署で企画・開催しているセミナーです。 今年は会場定員を上回る200人あまりの方が参加し、過去最高の参加者数でした。 参加者の特徴は3分の2以上が役員・部長クラスであったこと。 講演は情報化研究会のコアメンバーでもある日経情報ストラテジーの上里編集長、ローソン情報システム室副室長の藤田周三氏、そして私の3人でした。

ローソンさんは私のお客様でIPベースの衛星ブロードバンド・ネットワークを開発させていただきました。 センタの衛星配信システム(配信管理等を行うアプリケーション+衛星通信パッケージソフトFazzt=ファスト)と約8000の店舗に設置される衛星用ルータ+店舗サーバ上の衛星クライアントソフトから構成されます。 店舗のサーバはLinuxを使っています。

衛星ネットワークは地上のネットワークと難しさの質が全く違います。 ネットワーク設計よりも、ファイルの配信管理、BGM・映像ストリームのQoS制御、といったアプリケーションが重要で難しいのです。 

衛星ネットワークはバブル期には大企業のステータスシンボルで、年4〜5億円の回線料、何億円もする送信設備が必要でした。 しかし、デジタル化とIP化により通信料は6分の1以下になり、送信設備はサーバとルータでOK、受信用のルータは標準価格18万円、アンテナは数万円となり、普通の企業が手軽に使えるものになりました。

拠点数が多く、同一のファイルやストリームを配信するアプリケーションが多い企業では地上系の回線より2桁以上コストパフォーマンスが良くなる例があります。 ローソンさんはその典型です。 ADSLだ、光だと地上のゴチャゴチャした回線もいいですが、星を使ったスマートなマルチメディアも楽しいものです。 

衛星ネットワークについての質問はmatsudats@nttdata.co.jpまでどうぞ。 地上系ネットワークと衛星ネットワークを組み合わせた、最適なコンテンツ・ディストリビューション・ネットワークを、これからはやって行くつもりです。

セミナーのアンケート結果は上々で8割を超える方が「大変良い、良い」という評価でした。 ほっと安心したところです。

広域LANでの帯域制御装置の必要性

掲示板に広域LANでの帯域制御について質問が書かれていました。 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

アクセス回線の速度差  Follow: 264 / No: 263 [返信][削除]

 投稿者:かめ  01/02/28 Wed 18:26:16
こんにちわ。

広域LANサービスを使用する拠点での帯域制御の方法を考えています。
CWCさんの広域LANサービスを利用して、センター拠点に例えば6M、地方拠点(30〜
40拠点程)に128K、東京、大阪などの拠点に3Mのアクセス回線を使うとします。

この場合、センター拠点と地方拠点にはかなりの速度差が生じてしまい、128Kのア
クセス回線を収容するswitchの送信bufferでオーバーフローが発生する可能性が
高いと思うのですが...。

センター側で何らかの帯域制御をしてあげる必要があると思いますが、こういった
場合、やはりパケットシェーパーやAccessPointのような帯域制御装置を使って
各拠点ごとのIPアドレスで引っかけてあげるのが一般的でしょうか?
(→RouterやL3-Switchのシェーピングでは不安ですし...)

なにか良い実例があればご教授していただけないでしょうか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*結論から。 データだけなら帯域制御装置なんぞ不要です。  VoIPをやる場合でも、帯域制御装置なしでも破滅的な音質にはなりません。

*理由は簡単でデータ系がTCP主体である限り、TCPのフロー制御が機能するので低速側のスループットに合ったデータ転送が行われるからです。

*かめさんはNET&COMの私の講演は聞いてないようなので、その中のスライドを引用しましょう。 広域LANで速度ギャップが大きい場合、VoIPの音質を少しでも良くするには高速側に帯域制御装置を設置して低速側への送出レートをコントロールし、音声パケットを優先するのがいいでしょう。 ただし、低速側まで帯域制御をするのはオーバースペックだと思います。 なにしろ、帯域制御装置の有効性がそのコストに見合うだけあるか、ということを客観的に評価するのは難しいです。 

*IP−VPNでも同様のことが言えると思います。

*それはそうと、ルータなしで大規模ネットワークが構成できる下図は気持ちいいですね。 L3SWは標準価格20万円を切りましたし。 


 
 
 
 

ホームページへ