Web 法話

天上天下 唯我独尊
(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)

 お釈迦様の言葉に「天上天下 

唯我独尊」という言葉がありま

す。

 ふつう、唯我独尊というと‘世の

中で自分ほどえらいものはいな

い’という意味で使われますが、

本来はそうではありません。

 それでは、本当はどういう意味

なのでしょうか。

 明治36年生まれ、26歳の若さ

で亡くなった天才童謡詩人、金子

みすずさんの有名な詩に次のよ

うなものがあります。

  『私と小鳥とすずと』

 ‘わたしが両手をひろげても、

  お空はちっともとべないが

  とべる小鳥はわたしのよう  

  に、

  地面をはやくは走れない

  わたしがからだをゆすっても、

  きれいな音はでないけど、

  あの鳴るすずはわたしのよう

  にたくさんな歌はしらないよ。

  すずと、小鳥と、それからわ    
  
     たし、みんなちがって、みん

   ないい’

 お釈迦様のいう唯我独尊とは、

この世の中で、みんなそれぞれ

にお互い自分というのは、かけが

えのない尊い存在であり、かけが

いのない尊い命であるということ

です。

 ‘みんなちがって、みんないい’

お互いにみんなそれぞれ尊い存

在です。お互いの違いを認め理

解し合うことが大切ですね。


仏教ってなに?悟りってなに?無常無常22月15日彼岸いただきますお釈迦様の癒しイメージ唯我独尊信じる心百点満点の自分信じる心2怒り

HOME